Instagramですぐに使える!可愛いスクエア写真を撮るための7つのコツとは?

カメラ女子部 Girlwishカメラ女子部

Instagramの基本規格サイズと言えば、スクエア(正方形)写真

普段撮る機会が多い横長・縦長の長方形写真に比べ、スクエア写真はどうすれば上手に撮影できるのか、ちょっと難しそうですよね。

でもスクエア写真は、コツさえつかめば簡単にオシャレな写真にすることができるんです!

今回は、Instagramですぐに使えるスクエア写真の可愛い撮り方をご紹介いたします。

スポンサーリンク

スクエア写真は構図をイメージしやすい!

カメラ女子部

スクエア写真でも構図を使って撮ると、よりレベルの高い写真になります。

スクエア写真は、横長・縦長の写真よりもむしろ構図を決めるのが簡単です!

画像を縦横にそれぞれ3等分するように線を引き、その交点に被写体を置くようにして撮影(三分割構図と言います)。

上の写真は、縦横に3分割した左上の交点に植物が来るように意識して撮っています。

スクエア写真だと9等分した一マス一マスがそれぞれ正方形になるので、頭の中でも交点の位置をイメージしやすく、被写体を置く位置にあまり困らずに撮影することが出来ます。

カメラ女子部

液晶画面上に9分割の格子線(グリッド)を表示させると、構図を意識しながら撮影しやすくなりますね。

※Canon EOS M100では、メニュー→撮影情報表示設定→グリッド→9分割に設定すると表示されます。

hana
hana

構図について、詳しくはこちらの記事もチェックしてみてくださいね!

初心者でも簡単に写真のレベルが上がる!構図を意識して素敵な写真を撮ろう!

二分割構図・対角線構図で上級者っぽく撮ろう!

カメラ女子部

スクエア写真は二分割構図でもオシャレな写真になります。

上の写真は真ん中で二等分し、白壁(上)とグレーの床(下)に分かれるように撮影。

三分割構図より簡単に撮れて、カジュアルな雰囲気が出る構図です。

カメラ女子部

上の写真は、壁と床のラインと靴の並びを斜めに配置し、対角線構図にして撮影。

スクエア写真ではあまり写真に奥行きを感じさせにくいのですが、ラインを斜めに使うことで空間の広がりを表現できます。

スクエア写真は日の丸構図と相性がいい!

カメラ女子部

被写体を写真の真ん中に持ってくる日の丸構図

長方形の写真だと「ただ撮った感」が出てしまいがちですが、スクエア写真と日の丸構図は相性が良いんです!

上の写真は、白壁を背景にお団子を持ってみた、シンプルな構図。

正方形フレームの真ん中に被写体を置くことで、かわいらしくポップな印象を出すことが出来ます。

カメラ女子部

スクエアで切り取ると縦や横に余分なものが写り込まないので、被写体だけに注目を集めやすくなります。

撮りたいものを真ん中に置いてシンプルに撮るだけでオシャレな写真になる、とても便利な構図ですね!

画面いっぱいに被写体を敷き詰めよう!

カメラ女子部

花やお菓子など小さなものが集まっているときは、スクエア写真で四角の画面いっぱいに被写体を入れて撮ってみます。

長方形の写真で画面いっぱいに同じ被写体を敷き詰めると単調になってしまいますが、スクエア写真だと壁に飾るアートパネルのようにオシャレになるのが不思議ですね!

線や丸を探して撮ってみる!

カメラ女子部

スクエア写真は、「写真撮影をする」というように肩ひじを張らず、「切り取って絵にする」というような気軽な作品づくりに向いています。

例えば、上の写真は棚の横棒を直線部分だけ切り取り、スクエアの写真に配置してみました。

ボーダー柄が入ったように見え、イラストのようなポップさが出ています。

カメラ女子部

こちらも床にできた棚の影がボーダーのようになっていたので、スクエアで切り取ってみました。

影は面白い形になっていることが多いので、探して上手く撮ってみましょう!

カメラ女子部

スクエア(四角)の中にを入れるのも、面白い写真になります。

こちらは、ニトリで売っているルンバ的な掃除機。

丸さを生かしてスクエアの中に入れてみました。

カメラ女子部

紙を丸めたものを3つ並べて撮影。

幾何学的な雰囲気にしたかったのですが、伝わるでしょうか?(笑)

カメラ女子部

オフィスの中にあった丸いものをかき集めてみました。

スクエアの中にバランスを見て丸いものを配置するだけで、なんとなくアートっぽい雰囲気になります。

ぜひ、身の回りの丸いものを探してスクエアに収めてみてくださいね!

上から俯瞰で撮ろう!

カメラ女子部

お弁当のように中身の構成を見せたい場合は、真上から俯瞰で撮ると上手く撮影できます。

長方形の写真だと説明的で味気なくなりがちですが、スクエア写真で撮れば不思議と可愛らしくなってくれます。

背景は、ランチマットを変えたり木目のに置いて撮ったりと、日によってバリエーションがあると良いですね。

余白を使ってオシャレに撮ろう!

カメラ女子部

スクエア写真は余白をうまく使うと、より写真上級者っぽい雰囲気を出すことが出来ます。

あえて少し離れた距離に引いて撮ることで、靴をアップで写さず、白壁まで入れて撮影。

人は一切写っていませんが、サンダルや植物を並べている様子が目に浮かぶような、ほっこりとした可愛らしい写真になります。

カメラ女子部

サンダルを履いた足元と花瓶を対角線上に配置し、空間を大きく空けて撮影。

シンプルですが、何かストーリーを感じさせるような写真になります。

まとめ

カメラ女子部

簡単にアートな雰囲気の写真が撮れる、スクエア写真。

縦長・横長の写真よりも気軽に撮影できて、可愛らしくポップな印象になります。

スクエアで撮った写真をたくさん印刷して、壁に貼ってもおシャレに飾れそうですよね!

ぜひ、スクエア写真をもっと上手に撮るコツをマスターして、楽しく撮影してみてくださいね!

hana
hana

今回の記事の写真は、すべてCanon EOS M100を使って撮影しています。

Canon EOS M100やミラーレス一眼カメラが気になった方は、こちらの記事も見てみてくださいね!

Canon EOS M100の口コミレビュー!実際に撮った感想やセット内容
カメラ女子におすすめ!可愛い最新人気ミラーレス一眼カメラ10選