アラサー女子が服装で気を付けたいこと8選

reedit(リエディ) 着こなし術

20代後半~30代前半のファッションって、ちょっと迷いが生じやすくなるもの。

今まで使っていたお洋服が突然合わなくなったと感じたり、露出を控えめにした方が良いのかな…とも…

ちょっとしたきっかけでガラッとファッションスタイルが変化するアラサー女子も多く、ちょうどこの世代はファッションの転換期とも言えます。

アラサー女子がファッションで気を付けたいことをサクッとまとめてみました。

スポンサーリンク

アラサー女子が服装で気を付けるべきこと8選

きれいめを意識した清潔感ある着こなし

アラサー世代になると、だらしない服装や合わない色味の組み合わせは特にNG!

大人世代のトレンドは、きれいめだし、お仕事をされている女性は特に客観的に服装をチェックされがち。

清潔感を意識し、シンプルな着こなしを目指してみて。

派手なデザインや色味は控える

派手な色味や大きなロゴ入りアイテム、イラスト入りアイテムは世代相応ではないデザインの代表。

小さめロゴやプリントを選ぶのが◎

派手すぎたり、甘すぎるカラーチョイスももちろんNGです。

露出しても控えめになるように

特に夏コーデになると、ショートパンツやキャミソール、タンクトップなど、お肌の露出が多くなりますよね。

アラサー女子はこうした露出が多いアイテムを使う場合は、しっかりカバーして使うのが◎。

シャツを羽織ったり、ロングガウンを使って露出をカバーしながら夏コーデを楽しんで♪

体型カバーは自然に

最近、お腹周りや太もも、二の腕など、気になる部分にお肉がついてきて…

体型カバーコーデを兼ねたゆったりリラックススタイルはアラサー女子の強い味方です。

ですが、やりすぎ感があるのは却ってNG。

さりげなくカバーする程度が一番自然に見えます。

ゆるすぎず、タイトすぎない適度なバランス

ゆるっとしたファッションって、ふんわり可愛いイメージがありますよね。

ただ、ゆるすぎると却って着太りして見えたり、だらしなく見えたり。

タイトすぎるコーデは露出控えめでもセクシーになりすぎる印象です。

ゆるすぎず、タイトすぎない適度なバランスを各アイテムで整えて。

無難になりすぎないシンプルなデザイン

シンプルベーシックなアイテムが主流のアラサー女子のファッション。

シンプルなのはいいけれど、シンプルすぎて無難に成り下がっていませんか?

無難になりすぎない適度さがアイテムチョイスの大きなポイント。

控えめながらも、フェミニンなお洋服を選んでみたり、トレンドのデザインや素材、カラーや柄を上手く取り入れてオシャレに見せて。

ラフに着こなしてもきれいめに

ストリートカジュアルのようなラフに着こなすスタイルは、若作りに見られることも。

都会的でスポーティー、アクティブでヘルシーなストリートカジュアルは、シンプルで大人らしいデザインを織り交ぜて、ワンランク上のスタイリングを目指してみて。

ラフに着てもきれいめを意識させるコーディネートを考えてみましょう。

自己満足よりも客観的な目線を考える

自己主張が強いファッションは、20代前半で終わり。

あの頃は何をどうやって合わせても可愛く着こなせましたよね。

でも、アラサー世代になると、こうした組み合わせに違和感を感じずにはいられなくなります。

無理してアイテムを組み合わせるよりも、客観的な目線を考えてデザインや色味を選ぶのが◎

大人っぽく、可愛い女性らしくがポイント♪

自分のファッションがわからなくなったり、難しいなって感じる時は、誰にもあり得ることです。

テーマを一つに絞ったり、世代相応のファッションをチェックしてみたり。

大人可愛いが重要なポイントになります。

自分のスタイルを是非見つけてください。

facebook
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
着こなし術
スポンサーリンク
Girlwish