ベーシックファッションのデメリットと改善コーデ

ベーシックファッション

ベーシックファッションにも、メリットがあればデメリットがあります。

しかし、悪い部分を知ってこそ理解が深まり、自分自身のファッションに取り入れやすくなるはずです。

デメリットを理解し、どのようなポイントを注意すればいいか改善策もあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

ベーシックファッションのデメリット

シンプルゆえにマンネリしやすい

ベーシックファッションは、1つ1つのアイテムがシンプルなデザインです。

少ないアイテムで着回しが効くメリットは、逆を言えばその服装はマンネリ化しやすいという側面があります。

ベーシックファッションを取り入れるといっても、いつも同じような格好というのは避けたいもの。

改善策としては、カラーコーディネートを意識する、小物で変化をつける、着こなし方を変えてみるという3つをご紹介します。

ベーシックファッションは黒やグレー、茶色やネイビーなどのベーシックなカラーが多くなりがちです。

そこで、差し色を取り入れたり、1色コーデにしたりカラーでオシャレに見せましょう。

差し色といってもいきなりビビットなカラーや、パステルカラーを使う必要はありません。

落ち着いた色味でも発色の美しいものを選ぶのがポイントです。

続いて、小物遣いはベーシックファッションにおいて重要なポイント。

冬ならストールやマフラー、帽子をプラスしたり、夏ならサングラスやバッグをカゴバッグに替えるだけでもトータルの印象は変わります。

また、小物の色遣いをポイントにしたり柄物を取り入れてコーディネートのバリエーションを作るのもオススメです。

画像の様なスポーティカジュアルの着こなしは、靴下のマスタードカラーが効いてオシャレに見えます。

このように靴下で遊びを入れたり、カラーをそろえて着こなしのバリエーションが増やせます。

3つめの着こなし方を変える方法ですが、シャツを例にとってみましょう。

シャツはそのまま着る、前を開けて羽織にする、ベストやニットとレイヤードする、というように少なくとも3通りは着こなし方を変えることができます。

ロールアップしたり着こなし方を変えると、シルエットのバランス感が変わるのでマンネリ化を防ぐことができます。

このように変化をつけてコーディネートするテクニックを覚えれば、バリエーション豊かに着こなすことができます。

意外と着こなしが難しく、コーデ迷子になりやすい

ベーシックなアイテムは、様々なアイテムに合わせやすい一方で、「なんだかこのコーディネートしっくりこない」「この組み合わせ、ちゃんとオシャレに見える?」と言うようにコーデ迷子になってしまうことも。

このデメリットは、その日のコーディネートのテイストやスタイルなどジャンルを明確に決めて服を選ぶことで解決します。

今日は仕事だから清楚でキレイめに、今日は休日だからリラックスできるカジュアルに、というように、決めたジャンルのコーディネートをつくりましょう。

決めたジャンルに沿った服選びに慣れたら、1アイテムだけトレンドのアイテムに入れ替えてみたり、ハズしをしてみたりと、基本的なコーディネートが作れるようになったらオシャレ度をUPさせた着こなしに挑戦すると、あなたのファッションがより楽しいものになっていくはずです。

ただ着るだけではダサくみえることも

ベーシックファッションは、アイテム自体は量販店にも同じものがある定番デザインで作るため、ただただ買ったものをそのまま着てしまっては、野暮ったいダサい印象に繋がることもあります。

オシャレになりたくてベーシックなものを選んでいるのに、ダサく見えてしまう事ほど悲しい事はありません。

そうならないために重要なのは、サイズ感とバランス感です。

ここ数年はオーバーサイズが流行しており、あえてのビッグサイズを着ることもありますが、まず大事なのは、あなたのジャストサイズの服こそオシャレに見える基礎的なポイントです。

サイズの合っていない服は、だらしなく見えたりスタイルが悪く見えてしまう事も。

ベーシックファッションは、定番アイテムで多くのお店にあるからこそ、あなたにピッタリのサイズを着て比べることができます。

ライフスタイルによって20代までとはボディバランスの変化を感じている方も、今まで注目していなかったブランドやお店にも目を向けてみましょう。

サイズ感と合わせて考えたいのがバランス感がポイントです。

トップスとボトムについて、ボリューム感のあるアイテムを合わせるときは、トップにボリューム+ボトムはタイト、トップはタイトでボトムにボリューム、全体的にボリューム、というようなバランスになります。

どちらか一方をタイトにした着こなしはメリハリがつくので簡単に取り入れやすいですが、全体的にボリュームを持たせる場合は、野暮ったく見えないか、だらしない印象にならないかを注意する必要があります。

このように、シンプルな着こなしですが、ゆったりとしたトップスにゆるめのボトムで全体的に柔らかい色遣いのコーディネートで、どこか部屋着のような感じがしてしまいます。

ゆったりとしたボリューム感のあるアイテム同士を組み合わせるなら、このように中途半端なボリュームのものを合わせるのではなくボリューム感のあるもの同士でコーディネートを作るほうがオシャレに見えます。

そしてカラーでのメリハリがシンプルでもオシャレに見せてくれます。

同じアイテムでも合わせる服によってダサく見えてしまうこともあるので、サイズ感とボリューム感に注意してコーディネートを作ればダサくない着こなしになります。

安っぽいものがわかりやすい

安価で売られているものには、安価にできる理由があります。

服において安価に直結するのは生地と縫製です。

シンプルな服は、シンプルだからこそ生地の良さや縫製の丁寧さが際立ちます。

素材の違いが判らない方にも上質なカシミヤのセーターと、1000円で買える化繊のセーターだと色のきれいさや触り心地などで違いが感じられると思います。

上質なものを選ぶことができれば最高ですが、服に際限なくお金をかけるのは難しいことです。

予算に合わせて、安く見えないものを選ぶことが大切です。

アイテムにもよりますが、生地が薄い、色味が白っぽく見える・深みがない、縫い目が荒い、縫い目が引きつっている、などがわかりやすく安っぽく見えるポイントです。

また、軽い金属のボタンはチープに見えやすいので、そのデザインは避けるか、ボタンが目立たないデザインを選ぶとよいです。

フェイクファーのアイテム、ジャケットやコートなどのアウターも安いものは生地のテカリや縫製の粗さが目立つアイテムです。

また、ニットでは着ていくうちに毛玉ができてくるのも安っぽく、清潔感にかけてしまいます。

実際に売られている値段が高くとも、品質は良くない商品もたくさんあります。

ベーシックなものだからこそ、作りこんだ商品を作っているブランドももちろんあります。

自分自身の感覚を成長させることが必要ですが、ネットショッピングなどで口コミの情報を得るのもオススメです。

ここ数年でプチプラファッションが人気ですが、実際には安いものでも安く見えないものを選んだりチープに見えない着こなしをしましょう。

カラーチョイスを間違えるとたちまち地味な印象に

ベーシックファッションは着回しが効く反面、黒やグレー、紺や茶色などのベーシックカラーがワードローブを占めることが多くなったり、好きな色味で偏りが出てしまうことが大いにあります。

シンプルなデザインの服は色の印象が、そのままそのコーディネートの印象につながるため、暗い色味同士では地味なコーディネートに見えてしまうことも。

ベーシックファッションで取り入れやすいのがモノトーンコーデ。

白やベージュ、ライトグレーは膨張色なので、自分自身の身体で引き締めたい方を濃色にしてコーディネートしましょう。

全体的にモノトーンでまとめて、差し色で何か一色鮮やかな色のバッグや靴など小物を入れたスタイリングもオススメです。

ワンカラーやトーンをそろえたコーディネートも、取り入れやすいスタイリングでシンプルな着こなしでもオシャレに見えるスタイリングです。

統一感のあるコーデは、黒なら落ち着いた印象やモード感のあるクールな着こなしに、ベージュやモカなら柔らかさがある優しい印象に見えます。

エレガントな印象で、素材感に変化があるのでオシャレな印象になりオススメでなのがツイード素材。

柄物のアイテムが苦手な方にも取り入れやすく、単色よりも華やかに見えることからオフィスやデートなどにもオススメです。

色遣いや素材で地味な印象は防ぐことができます。

コーデによっては女性らしさが損なわれることも

定番のシンプルな形で、ベーシックな色味で作ったパンツスタイルのベーシックファッションは、スタイリッシュでカッコいい感じや、メンズライクな印象になることも。

メンズライクな印象を望まない場合、女性らしいアイテムを選ぶ、甘めテイストを取り入れる、明るめカラー・やわらかい色遣いのコーディネートにする方法があります。

まず簡単なのが、スカートやワンピースを選ぶ、タイトなシルエットで女性らしいシルエットを強調して女性らしさをアピールしたアイテムを選ぶ方法。

パンツスタイルが好みの場合は、スキニーパンツで女性らしい曲線のあるシルエットを出すと女性らしさが出ます。

続いてオススメするのが甘めのテイストのアイテムを取り入れる方法。

1アイテムをガーリー・フェミニンな要素のあるアイテムに置き換えます。

シフォンやレースなど透け感のある素材や、チュールスカートなどが代表的です。

甘いだけのコーディネートよりも、甘めのアイテムを取り入れたらレザージャケットやモッズコートなどと組み合わせた甘辛MIXもオススメです。

3つめは女性らしいカラーを選ぶ方法です。

比較的明るめのカラーは女性の服に多い色遣いです。

パステルカラーは、春に着たくなる方は多いかもしれませんが、オールシーズン使うとなるとさわやかなパステルカラーより、少し濁りのあるカラーのほうが大人に見えます。

また、ベージュもコーディネートを問わず使いやすく、女性らしい柔らかさの演出できるカラーです。

明るめカラーを取り入れるときは、コーディネートのどこかで締まりのある色を使うか、明るめカラーを1アイテムに絞ってメリハリのある組み合わせにするとオシャレな着こなしになります。

スタイルが良くないと似合わない

シンプルな服は、自分自身のボディバランスも顕著に出るため、モデルのようにスタイルが良くないと似合わないと思っている方も多いのではないでしょうか。

残念ながら凝ったデザイン性やプリントや柄で体系カバーやコンプレックスを隠すことは難しいですが、シンプルな服でも、あなたの身体の特徴に合った服選びをすればベーシックファッションも問題なく着こなせます。

例えばアラサーになっておなか周りが気になり始めた場合、ハイウエストのタイトスカートなどを選ぶとおなか周りが気になってしまいますよね。

そこでボトムを選ぶなら、腰回りにボリュームのあるデザインのテーパードパンツや、お腹から腰に掛けて体に沿わないフレアスカートなどがオススメ。

自分のボディラインでどこをカバーしたいか、そのためにはどんなアイテムがいいのか考えてみましょう。

ベーシックファッションはシンプルな着こなしの分、服を着た時の自分のシルエットが大切です。

自分の体型の特徴に合わせたアイテムを探し、選びましょう。

ベーシックファッションのメリットと着こなし術

デメリットまとめ

ベーシックファッションのデメリットとその対処・改善策を合わせてご紹介しました。

ベーシックファッションは、着る服をしっかり選ばずにコーディネートするとダサい着こなしになってしまったり、地味な印象になってしまったりと、オシャレで大人な女性には見えないファッションスタイルになってしまいます。

ベーシックなアイテム程自分に似合うか、トータルのバランスはいいか、とコーディネートを考えて選ぶことがオシャレに着こなす事へつながります。

30代・アラサー女性のベーシックファッション着こなし術

30代。大人のベーシックファッション・コーディネート術

ベーシックファッションをもっと知りたい!そんな30代・アラサー女性向けのウェブマガジン♪

 

コーディネート術の指南します♡

テクで魅せるアラサー女子の抜け感スタイル♡

✔ いつものスタイリングに困ってる…
✔ マンネリしちゃって…
✔ もっとオシャレに見せたいっ!

Girlwishスタイリストがオシャレのテクニックを教えちゃいます♡ファッションをもっと楽しみたい30代アラサー女性に♡

30代アラサー女性をもっとオシャレにするGirlwish着こなし術

 30代・アラサー女性に人気のレディースファッション通販サイト

30代・アラサー女性に人気のプチプラファッション通販ブランド
「ネット通販」の記事一覧です。