キレイな肌になるために知っておきたいスキンケアの間違い5選

キレイな肌になるために知っておきたいスキンケアの間違い5選 スキンケア

『きれいな肌になりたい』

これは女性であれば誰しも思うことですよね。

毎日しっかりお手入れしているはずなのに、思ったように肌がキレイにならない…

自分のお手入れ方法って本当に正しいのかな…?

こんな風に思ったことはありませんか?

私たちのお肌はとても薄く、デリケートな部分です。

ちょっとお手入れの方法を間違えただけで、余計に肌トラブルを悪化させてしまうことも…。

 

Toki
Toki

今回はついついやってしまいがちな、勘違いスキンケアについておつたえしていきます。ご自身のスキンケア方法と照らし合わせてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

汚れはしっかり落とす!

クレンジングも洗顔としっかり、ゴシゴシと!

『汚れを落とす』というお手入れはスキンケアの中で、最も大切といってもいいです。

1日でも、疲れているから…面倒くさいから…と、汚れを落とさないで寝てしまうと、お肌はガクンと老化してしまいます。

人によっては1日で5歳も老けてしまうと言われている方もおられます!

ですから、毎日きちんとクレンジングと洗顔で汚れを落とすことはとても大切です。

しかし、クレンジングや洗顔の方法を間違えると、逆にお肌を傷めてしまうことも…

クレンジングや洗顔は、手を使って行うことが多いので、ついつい力が入りがちです。

しかし、お肌はとても薄くデリケートな部分なので、ゴシゴシこすって落とすことは、かえってダメージを与えてしまうこともあります。

クレンジングや洗顔は皮膚が動かない程度の優しい力で行いましょう。

すすぎはシャワーで素早く!

キレイな肌になるために知っておきたいスキンケアの間違い5選

クレンジング、洗顔の中で1番大切な作業は『すすぎ』です。

洗顔料のすすぎ残しは、お肌の炎症の原因になります。

クレンジング剤や洗顔料は、しっかりと洗い流すことが大切です。

しかし、この洗い流す時に、シャワーの水を直接お肌にかけて、素早く洗い流したりしていませんか?

これ、実はやってはいけないことの1つです。

シャワーの水圧は、思っている以上に強く、お肌への負担になってしまいます。

水圧の摩擦と高い温度で、お肌に必要なものまで洗い流してしまい、赤みや、敏感肌の原因になります。

すすぎは洗面器に35度〜37度のぬるま湯をためて手にすくい、20回〜30回優しくしっかりすすぎましょう。

さっぱりするので、水気の拭き取りはタオルでゴシゴシ拭き取っている。

キレイな肌になるために知っておきたいスキンケアの間違い5選

お肌のトラブルの大きな原因のひとつに『摩擦』があります。

洗顔後、水気を拭き取る時は、さっぱりするので、ついついゴシゴシとタオルで顔をこすってしまいがちですが、これもお肌にはとても負担になっています。

摩擦は、お肌の赤みや乾燥肌などのトラブルに繋がります。

水気を拭き取る時は、タオルを顔にポンポンと優しく押さえつけるようにして拭き取りましょう。

高価な化粧品を使っている

値段は高価かもしれないけれど…?

キレイな肌になるために知っておきたいスキンケアの間違い5選

お肌をキレイにしたいという一心で、何となく高価な化粧品を選ぶようになっていませんか?

高価であるということは、より高い美容効果や安全性がある気がしますよね。

これは間違いではなく、高価な化粧品には、お肌にいい有効成分がたくさん配合されていたりします。

しかしこちらも、使い方を間違えると、せっかくの高価な化粧品でも効果を発揮することができず、納得のいかない結果になりがちです。

高価なものを使うのであれば、それなりの効果を得たいですよね。

化粧品は高価であればあるほど効果があふこかと言うと、そういうわけでもありません。

実は化粧品には『標準価格』というものがあります。

例えば、化粧水であれば2000円〜5000円、美容液であれば3000円〜10000円くらいです。

この値段は使っている原料のグレードによって変わります。

この標準価格よりも安価なものはあまりオススメしませんが、高価なものを『もったいない…』と思いながらちびちび使うよりも、標準価格内のものを無理のない範囲でしっかり使うほうが効果的です!

また、高価な化粧品には、おしゃれな見た目のボトルであったり、専用カウンターやデパートなどでBAさんなどプロにアドバイスをもらえるという価値も値段に組み込まれています。

  • 値段よりも、自分の肌の悩みに合っているか。
  • 無理なく使い続けることができるか。

を基準に選びましょう。

毎日たっぷり時間をかけてパックでお手入れ!

キレイな肌になるために知っておきたいスキンケアの間違い5選

スキンケアのスペシャルケアとして、シートマスクなどのパックを使用している方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

パック後の肌は、しっとりともちもちしていて、とても効果を感じることができるアイテムです。

しかし、このシートマスクは使い方を間違えると逆に肌に悪影響を与えてしまう可能性があります。

お肌の調子を見ながら使う

キレイな肌になるために知っておきたいスキンケアの間違い5選

シートマスクはお肌に栄養や水分を与えるには、とても効果的なアイテムです。

しかし、普段は何のトラブルもなく使えるシートマスクでも、季節の変わり目などでお肌が敏感になっていたり、肌トラブルが起こっている時に使うと、逆に炎症を起こしてしまう場合があります。

お肌の調子が悪い時のお助けアイテムとして使用するのではなく、スペシャルケアとして使用するようにしましょう。

使用時間を守る

キレイな肌になるために知っておきたいスキンケアの間違い5選

シートマスクにはそれぞれ、使用時間が定められています。

美容成分がたっぷりと含まれているから、しっかりと肌にのせて成分を浸透させよう!

と定められた使用時間を超えて顔にのせていたり、中にはそのまま就寝してしまう方もいるのではないでしょうか?

実はこれNGな使用方法です!

シートマスクを長時間お肌においておくと、本来なら潤いを与えるはずなのに、逆にお肌を乾燥させてしまう原因になってしまいます…。

実は水分というのは、【乾いている方に吸収される】という性質を持っています。

長時間シートマスクをしていると、せっかく美容成分がお肌の中に浸透しても、マスク自体が乾いてくると、お肌に浸透した水分がまた、シートマスクの方へ戻ってしまうのです…。

使用時間はきちんと守り、まだマスクが濡れていてもったいないな…と思うくらいで外すようにしましょう。

毎日シートマスクをしている

シートマスクには美容成分がたっぷりと入っていますので、毎日行えばとても綺麗な潤いのある肌になれるのでは…?

と思いますよね。

しかし、シートマスクの種類によっては、毎日ケアすることは肌に負担になってしまうこともあるのです。

成分濃度の濃いシートマスクは、お肌の栄養過多に繋がり、炎症の原因に…。

最近は日常使用出来るものも増えてきていますので、推奨されている使用頻度をきちんと確認し、正しく使用しましょう♡

保湿!保湿!勘違い保湿

毎日しっかりと保湿ケアをしているのに

「日中乾燥している…」

「化粧ノリが悪い…」

と感じていませんか?

これは、保湿ケアの方法が間違っているからかもしれません。

保湿とは【肌が適度に潤った状態をキープできること】です。

もしも、間違った保湿ケアをしているなら、いくら保湿をしているつもりでもお肌は乾燥してしまうばかりです。

皆さんのお手入れはどうでしょうか?

化粧水を、とにかくこまめにたくさんつける。

キレイな肌になるために知っておきたいスキンケアの間違い5選

乾燥しているから、化粧水をたくさんつける。

これは間違いではありません。

しかし、化粧水だけのお手入れだと、逆に乾燥する原因になってしまうことをご存知ですか?

化粧水は水分なので、放っておくと蒸発してしまいます。

水分というのは、蒸発するときに肌の内側の水分まで一緒に持って出て行ってしまうという性質を持っています。【過乾燥】

化粧水でのお手入れは、水分を入れこむ「保水」です。

保水もとても大切なお手入れですが、これだけでは不十分です。

乳液やクリームなどで、水分を外に逃がさないように蓋をして、初めて【保湿ケア】の完了です。

前述した洗顔方法や、シートマスクの使い方と合わせて見直してみましょう。

正しいUVケア

肌の老化の原因の80%以上は紫外線であると言われているように、美肌を保つ上でUVケアはとても大切なお手入れのひとつです。

毎日UVケアしてる?

地上に降り注ぐ紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類があります。

そのなでもUV-Aは長く緩やかな波長をしており、窓ガラスも通過して部屋の中にまで入ってきています。

家の中にいてもうっかり日焼けをしてしまうのは、このUV-Aが原因です。

曇りの日や、お出かけしない日、ちょっとそこまでのお出かけでもUVケアだけは欠かさずにするようにしましょう!

中には、夏が近づいてきてはじめてUVケアをし始めるという方もおられますが、紫外線は一年中出ていますので、UVケアは一年中行うのが鉄則です!

それでも日焼けをしてしまったら…

しっかりUVケアしていても、日焼けしてしまうこともあります。

そんな時はすぐに冷やして保湿することが大切です!

日焼けは火傷と同じなので、しっかり冷やすことで炎症を最小限に抑えることができます。

焼けやすいと自覚している方は特に、シートマスクを一枚冷蔵庫に常備しておくと、冷やすことと保湿ケアが一度に出来るのでオススメです♡

日焼けどめもしっかり落とす。

日焼けどめしか塗っていないから、クレンジングはしなくてもいいかな。

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これは絶対にNGです!

色もつかないので一見、大丈夫そうに見えますが、日焼けどめに入っている成分には強いものもありますし、ウォータープルーフのものが主流になってきています。

日焼けどめもお肌に残ったままだと、肌トラブルの原因になります。

日焼けどめはきちんと落として、スキンケアをするまでがUVケアです。

こちはも欠かさず行いましょう!

まとめ

毎日、当たり前のように行っているお肌のお手入れですが、ついつい自己流で間違いに気付かずに行っている場合があります。

きちんとお手入れしているのに、思ったようにお肌がキレイにならない…

という方は、一度ご自身のスキンケアを見直してみましょう!

毎日行っているものだからこそ、少しの間違いも積み重なると大きなトラブルに繋がります。

逆にいえば、ちょっとしたことを気をつけるだけで、見違えるようなお肌になることも出来るかもしれません♡

正しいお手入れ方法を身につけて、素肌に自信が持てるようになりますように♡

この記事の執筆者

Toki
Toki

美容ライター。ママです。現在は美容室にてスパを担当。某化粧品メーカーのインストラクターを務めていた経験を活かし、美容に関すること、キレイになるためのノウハウを記事を通してお伝えします!

主な資格

リンパマッサージ(フルボディケア、フェイシャルケア)、フェイシャルエステティシャン、化粧品検定三級、ビューティコーディネーター三級

facebook
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スキンケア
スポンサーリンク
Girlwish