30代女性の正しいクレンジング方法とおすすめ商品をピックアップ♡

保湿ケアに必要なスキンケア成分 コスメ

最近一気にお肌の調子が悪くなった気がする…と感じている方!

ふっと鏡を見た時に愕然とすることはありませんか?

でもやはり、素肌美人になりたいですよね♡

自分のお肌に自信を持てるようになるために大切なことをお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

スキンケアの中で1番重要!?

皆さんはスキンケアの中で何が1番重要だと思いますか?

保湿?トラブルケア?

もちろん間違いではありません。

しかし、その中でも実は【クレンジング】がとても重要なのです!

正しいクレンジングを行うことで、あらゆる肌トラブルを防ぐことができると言われています。

私たちのお肌は元々、外部の刺激からお肌を守ったり、お肌の中の水分を保ち、潤った肌でいられるようにするバリア機能という働きを持っています。

このバリア機能の働きによって、私たちのお肌は健康な状態を保っています。

しかし、私たちのお肌は『汚れを落とす』という機能は持っていません。

適当なクレンジングをしていると、メイクがお肌の上に残ったままになります。

そうするとメイク汚れが皮脂やほこりなどの汚れと混ざり、雑菌が湧きやすくなります。

この雑菌が毛穴の詰まりや、肌荒れ、吹き出物などの原因になります。

ちなみに、メイクを1日落とさないで寝てしまうと、肌が1週間老けてしまうともいわれています。

クレンジングを見直すことで、憧れの美肌に繋がるかも…♡

クレンジングの種類

一言でクレンジングと言っても、クレンジング剤には様々な種類があります。

メイクや汚れを落とさずにいることは、お肌にはとても悪いことです。

しかし、間違ったクレンジングをすることで、それ以上にお肌に負担をかけてしまいます。

汚れを落とすということは同時に、お肌に必要なものも少なからず落としています。

お肌の表面を保護している皮脂膜が洗い流され、お肌の潤いを保つ上で重要な役割を果たすものも一緒に流れ出てしまう可能性があります。

ですから、自分のメイク用品やお肌の状態に合わせたクレンジング剤を選ぶことがとても重要になってきます。

クレンジングオイル

数あるクレンジング剤の中で洗浄力が最も高いのが、クレンジングオイルです。

ガソリンスタンドで働く方々が、ガソリンで汚れた手を何で洗うかご存知ですか?

実は同じガソリンで洗うことでキレイになるのです!

メイクも油汚れですので、同じ油であるオイルで洗うことで、キレイにメイク汚れを落とすことが出来ます。

洗浄力も最も強いので、ウォータープルーフタイプの化粧品や、日焼け止め、マスカラ、アイライナーなどのポイントメイクを落とすにはオイルタイプがおススメです。

洗浄力が高いと聞くと、お肌に負担がかかるのでは…?と思うかたもいらっしゃるかもしれません。

負担がかからないとは言えませんが、洗浄力が高いということは短い時間でメイク落としができるということです。

短時間で落とせるということは、それだけお肌に負担もかけにくいです♡

①アテニア スキンクリアクレンジングオイル

アテニア スキンクリアクレンジングオイル

175ml / 1836円(税込)

『肌ステイン』を除去し、明るい陶器のような肌に導いてくれます。

Amazonでチェック

②shu uemura アルティム8∞スブリムビューティークレンジングオイル

アテニア スキンクリアクレンジングオイル

150ml / 4400円(税抜)

8つの植物オイルで生まれ変わる至福のテクスチャー!カシミア肌に…♡

Amazonでチェック

③THREE バランシングクレンジングオイル

THREE バランシングクレンジングオイル

200ml / 4000円(税抜)

肌に付着した汚れをすっきり落とし、ピュアな肌へ…♡天然由来成分98%配合!

Amazonでチェック

クレンジングクリーム

オイルタイプほどの洗浄力はありませんが、ある程度しっかりとメイク汚れを落とせるのがクリームタイプです。

クレンジング力としては中間に位置します。

クレンジングクリームのメリットは、肌への摩擦が少ないので、乾燥肌の方や敏感肌の方にも使いやすく、ダメージが少ないことです。

しかし、使い方に少し特徴があるので注意が必要です。

クレンジングクリームはオイルと比べ、メイク汚れが浮いてくるまでに時間がかかります。

白いクリーム状のものが多いかと思いますが、お肌にのせて馴染ませればクレンジング完了!というわけではありません。

クリームをお肌にのせて、馴染ませて、クリームが白色から透明になってきてから初めて、メイク汚れが浮き始めます。

ですから、時間のない方に敬遠されがちかもしれません。

ウォータープルーフなど、強力なメイクは落としにくいので、濃いアイメイクなどをしている方はポイントリムーバーなどを併用しましょう。

①POLA B.A ザ クレンジングクリーム

POLA B.A ザ クレンジングクリーム

130ml / 10800円

クレンジングとしては高級価格帯です。

クリームでありながらオイルのようなリッチな洗い心地♡

落ちにくいメイクも優しくスピーディーにオフできます。

公式通販サイトでチェック

②ゲラン クレンジングクリーム

ゲラン クレンジングクリーム

200ml / 5860円

フレグランスのメーカーなので香りにもこだわっています。

クレンジングですが、エイジングケアにも特化しており、スキンケア効果の高い1品☆

Amazonでチェック

クレンジングジェル

比較的安価で、ドラックストアやコンビニなどでも手に入れやすいです。

洗浄力は弱めですが、クリームタイプと比べると使用後の感触がさっぱりとしているのが特徴です。

こちらも、お肌にのせてからメイクがなじむまでに時間がかかるため、オイルタイプよりも長めにマッサージするように馴染ませる必要があります。

しかし、洗浄力は強くないので、しっかり馴染ませても毛穴の奥の油汚れまでは落としにくいというデメリットもあります。

パウダーのみのメイクなど、軽いメイクの日に使用することをおすすめします。

クレンジングシート

時間がない時や、疲れてこのままベッドに倒れこみたい…という時でも、さっとふき取るだけでメイクを落とすことができるのが、このクレンジングシートです。

使い方を間違えなければ、とっても便利なアイテムですよね。

しかし、シートタイプはふき取ってこすり落とすということから、摩擦による肌へのダメージに繋がる恐れもあります。

摩擦は肌の赤みや、ひどくなるとシミにも繋がります。

洗浄力もかなり強いので、使い方には注意しましょう。

面倒でも、クレンジングシートを使用した後は、ぬるま湯で洗顔し、洗浄成分をお肌に残さないことも大切です。

毎日使用する便利なアイテムという感覚は捨て、忙しい時などどうしてもメイク落としに時間がかけられない…というときに使用することをおすすめします。

やりがち?NGクレンジング

30代女性のクレンジング

日に日に気になってくるお肌のトラブル…

『スキンケアは頑張っているのに、なかなか肌の状態がよくならない』

こんな風に感じ、スキンケアをすることを諦めてしまっていませんか?

スキンケアでお肌の状態が改善されない方は、実はクレンジング剤の選び方や、クレンジング方法が間違っているかもしれません。

☑ ウォータープルーフなど、しっかりメイクを落とす時についついゴシゴシとこすっていませんか?

特に目元はお顔の中でも特に皮膚の薄い部分です。

濃いアイメイクは、ついゴシゴシと落としがちですが、摩擦が刺激になり、たるみや小じわ・色素沈着などのトラブルにも繋がってしまいます。

 

☑ 洗い流す時に、熱いシャワーのお湯を直接お顔にかけていませんか?

シャワーの水圧は思っている以上に強いです。

この刺激がお肌を傷め、シミなどのトラブルに繋がります。

さらに気を付けたいのがお湯の温度です。

身体を洗う40度前後の温度だと、熱すぎて必要以上にお肌の皮脂を溶かし、落としてしまいます。

これはお肌の乾燥の原因になりますので、お湯の温度には注意しましょう!

 

☑ クレンジング剤は、しっかり洗い流していますか?

実は意外と見落としがちなのが、クレンジング剤のすすぎです。

髪の生え際やフェイスラインなどは、洗い流しが不十分になりがちです。

クレンジング剤がお肌に残ったままだと刺激になり、肌トラブルの原因になります。

正しいクレンジング方法♡

30代女性のクレンジング

皆さんは、自分で毎日行っているクレンジング方法が本当に正しいのか考えたことがありますか?

クレンジングのやり方は、改めて誰かに教わる機会はなかなかありませんよね。

何となく、自己流でクレンジングを行っている方がほとんどではないでしょうか?

しかし、その自己流のクレンジングが、気になるお肌のトラブルを引き起こしてしまっているかもしれません。

正しいクレンジングを行うことで、お肌の状態が劇的によくなることも!

ここでは、今更聞けない正しいクレンジング方法についてお伝えします。

メイクは落とすのではなく、馴染ませる!

30代女性のクレンジング

クレンジング剤は、使用料が少なすぎると摩擦の原因になりますので、商品に記載してある適量はしっかりと使いましょう。

適量を手に取り、手のひらで温めるように馴染ませてから、お肌の上にのせていきます。

お肌全体にクレンジング剤をのせたら、『お肌が動かないくらいの優しい力』でまんべんなくマッサージをするように馴染ませます。

クレンジング剤でメイクをこするように落とすのではなく、クレンジング剤の中にメイク汚れを浮かせて馴染ませるようにするのがポイントです。

細かい所までしっかりと!

アイホールや小鼻、口元などはメイク汚れが残りがちな部分です。

手の平で洗いにくい箇所は、力の入りにくい薬指を使って、くるくると円を描くように馴染ませます。

汚れが残ったままだと、色素沈着や小鼻の詰まり・黒ずみなどに繋がります。

数十秒を惜しまずに、細かい所までしっかりと落としましょう。

ぬるま湯でしっかりすすぐ!

30代女性のクレンジング

丁寧にメイクを馴染ませ終わったら、手を軽くぬるま湯で濡らし、濡れた手でもう1度顔に馴染ませます。

すると、クレンジング剤が白く濁ったように変化します。

これを乳化と呼ぶのですが、この乳化をしたときに汚れは1番落ちやすくなっています。

その後、ぬるま湯で最低でも20回程度、しっかりとすすぎます。

髪の生え際などはすすぎ残しも多いので、丁寧にすすぎましょう。

熱いシャワーで勢いよく流すのはNGです。

まとめ

30代女性のクレンジング

毎日必ず行うクレンジングだからこそ、正しく見直すことで美肌への大きな1歩になります。

クレンジングという行為は、少なからず、お肌に必要なものも一緒に落としてしまいます。

ですから、やり方を1つ間違えると、お肌を傷める原因にもなってしまいます。

また、疲れた日などはメイクを落とすのも面倒くさい…と感じる方も多いかもしれませんが、美肌のためには最も欠かせないお手入れの1つです。

クレンジングは、肌質や肌トラブル、メイク用品の種類によって使用すべきアイテムも変わってきます。

それぞれのクレンジング剤の特徴や、使い方をきちんと理解して、正しいクレンジングをすることを心がけましょう♡

きっと潤いのあるツヤ肌に近づくことができますよ♡

合わせて読みたい

30代女性の正しい洗顔方法とおすすめ洗顔料を肌質別にご紹介

この記事を書いた人

Toki
Toki

美容ライター。ママです。現在は美容室にてスパを担当。某化粧品メーカーのインストラクターを務めていた経験を活かし、美容に関すること、キレイになるためのノウハウを記事を通してお伝えします!

主な資格

リンパマッサージ(フルボディケア、フェイシャルケア)、フェイシャルエステティシャン、化粧品検定三級、ビューティコーディネーター三級