美肌を目指すなら知っておきたいお肌の基礎知識

正しく知ることで美肌に…お肌の構造 スキンケア

毎日当たり前のように触れて、お手入れをしたりメイクをしたりしているお肌ですが、どのように成り立っているかご存知ですか?

もしかすると今しているお手入れは、自身の悩みに効果を発揮していないかもしれません。

お肌のしくみや働きを正しく理解することで、自分の肌が今どんな状態なのか、どんなお手入れが必要なのかを知る手がかりになります。

今回は私たちの「お肌」についての基礎知識をお伝えします。

スポンサーリンク

そもそも「肌」とは何か?

最大の臓器

体格によって個人差はありますが、私たちの全身を覆っている肌(皮膚)の面積は、約1.6㎡といわれています。

これは大体、たたみ1畳分の大きさになります。

また、皮膚の厚みは部位によって多少の差はありますが、約2㎜ほどです。

重さにしてみると、体重の約16%と言われており、50㎏の方で8㎏にもなります。

内臓の中で最も大きい肝臓でさえ、体重の2%ほどの重さであると言われていますので、皮膚は【人体で最大の臓器】であります。

基本的な皮膚(肌)の構造

私たちの皮膚(肌)は大きく分けて『表皮』『真皮』『皮下組織』の3層に分かれています。

この3層は、構造も役割も全く違います。

また、お肌には他にも、髪の毛や眉毛、産毛などを作る毛穴(毛包)や、汗腺・皮脂腺といった付属器や、『血管』『リンパ管』『神経』などが存在します。

表皮

表皮とは?

表皮は皮膚の1番上にあり、約0.2㎜のとても薄い膜で出来ています。

この薄い表皮も、さらに大きく4つの層に分かれています。

4つの層は表面側から『角質層』『顆粒層』『有棘層』『基底層』と呼ばれており、その大部分をケラチノサイトといわれる角化細胞とそれが変化していった細胞で占めています。

角質層の働き

角質層とは表皮の1番上にある約0.02㎜の薄い層のことを言います。

角質層は紫外線やほこりなどといった外からの刺激から皮膚そのものを守る【バリア機能】という役割と、お肌の中から水分が逃げださないようにする水分保持の役割を持っています。

この0.02㎜の薄い角質層ですが、その内部は『角層細胞』と『角質細胞間脂質』から成り立っています。

角層細胞がレンガ、角質細胞間脂質がレンガの間を埋めるセメントとイメージすると分かりやすいですね。

このレンガのような角層細胞の中にNMF(天然保湿因子)があり、角質細胞間脂質の50%を占めているのがセラミドと呼ばれるものです。

このNMFセラミド、皮膚の表面を覆っている汗と皮脂でできている皮脂膜の3つが肌の保湿やバリア機能を保つ上でとても大切な要因です。

顆粒層の働き

角質層の次にあるのが1~2層の細胞が並ぶ顆粒層と呼ばれる層です。

ここも紫外線などから肌を防御する役割があります。

顆粒層の中の『ケラトヒラリン顆粒』と呼ばれるガラス状の細胞が、肌の中に入ってきた紫外線を屈折させ、奥に入っていくのを防いでくれています。

有棘層の働き

有棘層は表皮の4つの層の中でも1番厚い層です。

有棘層の中には『ランゲルハンス細胞』と呼ばれる免疫機能に関わる細胞が多く存在しています。

このランゲルハンス細胞は、異物が肌に入ってくると肌を守るために異物を攻撃するように指令する機能と、紫外線や乾燥といった肌トラブルから肌を守る自己防衛機能を持っています。

肌を自らの力で美しくしようとする働きを持っているのが、このランゲルハンス細胞です。

また、細胞間にリンパ液が流れているので、皮膚に栄養を与えたり、老廃物を運搬したりしているのも有棘層の働きです。

他にも基底層で作られたメラニンが上がってくるところでもあるので、紫外線が肌の奥へ入ってくるのを防ぐ役割もあり、美肌を保つ上でとても大切な機能を持っている層です。

基底層の働き

表皮の1番下にある層を『基底層』と呼びます。

この基底層は新しい細胞を作り出す働きを持っています。

ここで作り出された細胞が有棘層→顆粒層→角質層へと順に押し出され、最終的に垢となって体外へ排出されます。

この一連な流れをターンオーバー(肌の生まれ変わり)と呼びます。

また、基底層にはメラノサイトというメラニンを作り出す細胞があり、紫外線から肌を守るための働きをしています。

最近話題の細胞を再生させる幹細胞もこの基底層にあります。

真皮

表皮の下の真皮と呼ばれる部分は、肌の構成の大部分を占めているため、肌の本体と言われています。

真皮は、お肌の柔らかさや、ハリ・弾力に関係があるコラーゲンやエラスチンといった細胞が存在している所なので、見た目の老化に最も関係が深い部分です。

上の図のようにコラーゲン繊維が真皮を支える支柱、エラスチン繊維はコラーゲン同士を束ねる接着剤の役割をしています。

また、この繊維と細胞の間にはヒアルロン酸が存在しています。

このヒアルロン酸は1gで6ℓの水を貯えることが出来ると言われており、肌の保水と真皮を刺激から守るクッションの役割をしています。

その他にも、真皮の中には細胞のお母さん細胞である『線維芽細胞』があり、この線維芽細胞がコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどを生成してくれるため、ハリと弾力のあるお肌をキープできているのです。

皮下組織

お肌の中で1番奥にあるのが皮下組織と呼ばれる部分です。

多くが皮下脂肪で構成されており、皮膚と筋肉や骨をつないだり、強い衝撃などから筋肉や骨を守るクッションのような役割もしています。

その皮下脂肪の中に欠陥が通っており、お肌中に栄養を運んだり、老廃物を運び出したりもしています。

栄養が老廃物の運搬が、お肌の状態をよく保つために大きく関わっていることは想像がつきますよね。

ですから皮下組織も美肌をキープするためにはとても大切な部位なのですが、皮下組織は化粧品ではケアすることが出来ない部分なので、毎日の生活習慣などを心がけることが大切になります!

表皮で起こる肌トラブル

乾燥・敏感肌

表皮はとても薄い層でできているとお話をしました。

中でも1番外側の角質層はラップ程度の厚みしかありません。

この角質層の中に存在しているNMF(天然保湿因子)と角質細胞間脂質(セラミド)がお肌の内部に水分を保持する働きをしており、皮膚の表面にある皮脂膜がその水分を外に逃がさないようにする働きと、外部からの刺激からお肌を守る働き(バリア機能)を持っています。

しかし、何らかの原因でこのバリア機能がうまく働かなくなると、肌の中の水分を保つことが出来なくなるため、乾燥肌の原因になります。

また、バリア機能が崩れるということは、外からの刺激からもお肌を守ることが十分に出来なくなるので、肌に炎症などのトラブルが起こりやすく敏感肌の原因にもなってしまいます。

特に乾燥を感じているかたは、この表皮でトラブルが起こっていることが多いので、しっかりと水分を補給するお手入れと、皮脂膜の変わりになる保護剤でのお手入れが大切になります。

成分としては、元々お肌の中にあるセラミドやヒアルロン酸をうまく取り入れると効果的です!

間違った洗顔法も表皮を傷つける原因になりますので、普段から正しいお手入れの方法を取り入れるようにしていくことも大切です。

シミ

紫外線の中でもパワーが強く短い波長のUV-Bは、特に表皮にダメージを与えます。

UV-Bがお肌の中に入ってくると、お肌は危険を察知し、肌を守るための指令を出します。

この指令が出ると、表皮の1番下の基底層にあるメラノサイトという細胞からメラニンが作り出されます。

このメラニンが紫外線をこれ以上肌の奥に入れないようにブロックをする役割をします。

このメラニンは、健康な状態のお肌であれば、肌の生まれかわり(ターンオーバー)と共に体外へ排出されるはずなのですが、ターンオーバーが乱れているとメラニンが排出されず肌の中に残ったままになるので、シミになってしまいます。

真皮で起こる肌トラブル

真皮は表皮と違い数カ月でターンオーバーするわけではなく、生まれ変わるのに3年以上かかると言われています。

ですから、真皮でトラブルが起こってしまうとなかなか改善されにくい部分です。

真皮で起こるトラブルのしくみを知って、トラブルが起きないように対策をしていくことが大切です。

しわ・たるみ

真皮の中にある網目状の繊維をコラーゲン繊維、そのコラーゲン繊維を束ねているのがエラスチン繊維です。

ここに大きくダメージを与えるのが紫外線です。

中でも紫外線の95%を占めるUV-Aは真皮にまで届きます。

UV-Aはお肌の支柱になるコラーゲンやエラスチンを変形させて壊してしまいます。

お肌を支える部分がボロボロになってしまうので、お肌のハリや弾力が保てなくなり、しわやたるみの原因になります。

皮下組織で起こる肌トラブル

くすみ・むくみ

皮下組織の中には血管とリンパ管が通っており、それぞれがお肌に栄養を届けたり、老廃物を流したりしています。

この流れが正常だと血行もよく、お肌も若々しく保つことができます。

しかし、血行が悪くなると、お肌の健康的な赤みがなくなり、暗くどんよりした、いわゆるくすんでいるといった状態になってしまったり、老廃物もうまく排出されないままお肌にので滞ってしまうので、むくみにも繋がります。

しかし、皮下組織で起こる肌トラブルは、化粧品で対処することが出来ないので、マッサージであったり、食生活であったり、生活習慣でのケアが大切になります。

きれいなお肌とは…

正しく知ることで美肌に…お肌の構造

『肌がすごくきれいだな』と感じるとき、どこを見てキレイと判断しているのでしょうか?

美しい肌のことを【うなけし肌】と言います。

これは美肌の条件を表す状態の頭文字をもじってできた隠語です。

『う』・・・潤いのある肌

『な』・・・なめらかな肌

『け』・・・血色のいい肌

『し』・・・シミ・シワのない肌

『は』・・・ハリのある肌

『だ』・・・弾力のある肌

この条件がすべて揃っていれば、誰もが憧れるお肌になることが出来ます!

ご自身の肌を目で見て、手で触れてみていかがですか?

客観的に観察してみることも大切ですよ。

まとめ

このように一言でお肌といってもたくさんの部位に分かれており、それぞれ役目も全く違います。

自分のお肌のトラブルや悩みが、お肌のどの部分で起きていることなのか、お肌がどんな状態になっているのかを正しく知るだけでも、正しいお手入れをするための指針になります。

より、理想の肌に近づくためにも、まずは自身の肌のことを正しく理解しましょう!

そしてどんなお手入れが必要なのかを考え、より効果的にお手入れをすることで誰もが憧れる美肌を手に入れましょう♪

facebook
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スキンケア
スポンサーリンク
Girlwish