30代・アラサー世代の女性のお肌の状況と対策方法

30代♡アラサー世代の女性のお肌 スキンケア

30代はお肌の変わり目?

「お肌の曲がり角」という言葉を聞いたことがありますか?

私たち女性のお肌の曲がり角は20歳・28歳・35歳・50歳前後の4回あると言われています。

アラサー世代は、なんと2回もお肌の曲がり角を迎えることになります。

この時期になると、今までは感じることののなかったお肌の変化に悩む方も増えてきます。

特にアラサーと呼ばれる30代前後は、新陳代謝の働きや、女性ホルモンの分泌量が変わってくる年代です。

お肌だけでなく、様々な箇所で「今までと違う…」と感じることも増えてくるでしょう。

まだまだ若い!と思っている30代(私も思っています笑)とはいえ、油断しているとお肌の老化はどんどん進んでしまいます。

これが40代になると加齢による変化も加わり、より肌の衰えを感じやすくなりますので、今のうちにきちんとケアをしておきましょう!

お肌の基礎知識

美肌を目指すなら知っておきたいお肌の基礎知識
スポンサーリンク

アラサーから気になってくる肌トラブル

20代のお肌とは何かが違ってくる30代…

では実際にどんなトラブルが起こりやすいのかをお話していきます。

乾燥

30代♡アラサー世代の女性のお肌

10代・20代は脂っぽく、ニキビなどに悩んでいた方でも、30代になるとファンデーションをつけると粉がふいてきたり、何となくツヤや潤いを感じられなくなったりすることがあります。

これは、加齢とともに肌の潤いを保つバリア機能の働きが弱くなっていることで起こります。

加えて仕事でキャリアがついてきたり、結婚・出産・育児などの生活環境の変化によるストレスが多くなる30代…

精神的・肉体的なストレスや、それに伴うターンオーバーの乱れなどから、バリア機能を身体の中で保つコラーゲンやセラミド・ヒアルロン酸などが少なくなり、乾燥しやすいお肌になっています。

また、Tゾーンはテカるのに、お肌全体はカサつくなどといった【インナードライ肌(乾燥性皮脂肌)】が気になってくるのも30代からです。

小じわ

乾燥が進むと同時に気になってくるのが、目元や口元の小じわです。

この小じわ…放っておくとだんだんと深くなり、取り返しのつかないことになってしまいます。

いわゆるちりめんじわと呼ばれる目元・口元の小さいシワですが、これらは乾燥が原因であることがほとんどなので、保湿対策をしっかりとることで減らすことが出来ます。

しみ・くすみ

30代から感じる肌トラブルの1位は、しみ・くすみだと言われています。

アラサー世代で気になってくるシミには大きく分けて2種類あります。

1つは、加齢や紫外線などの刺激によって増える【老人性色素斑】です。

褐色から黒色の濃い円形のシミで、輪郭がはっきりしているのが特徴です。

もう一つが女性ホルモンのバランスが変化することで出来る【肝斑】です。

こちらは淡褐色の大きなシミで、頬骨に沿って左右対称にできるぼんやりとしたシミのことを指します。

アラサーからのエイジングケア

30代♡アラサー世代の女性のお肌

30代前後といえば、結婚や出産をされる方が増えてきたり、仕事でもキャリアアップをして大きなプロジェクトを任されたりと、肉体的にも精神的にもストレスが溜まりやすい傾向にあります。

それに加えて、女性ホルモンのバランスも変化しやすい時期なので、気が付くとお肌などいたるところがボロボロ…ということも少なくありません。

そんなアラサー世代にはエイジングケアがとても重要です!

エイジングケアとは『年齢に合った肌ケア』のことです。

いつまでも10代、20代の頃と同じケアをしていては、お肌はどんどんと老化が進みます。

しかし、正しくエイジングケアをすることで、老化を最小限に抑えることが出来ます!

美肌を保つために欠かせない女性ホルモンの分泌のピークは28歳と言われています。

もちろん個人差があり、全員が28歳というわけではありませんが、エイジングケアを始めるのは早ければ早いほどいいと言われます。

若いうちから始めておくと、いい状態のお肌を長く維持することができます。

『あの時ちゃんとしていれば…』となってからでは遅いです。

アラサー世代の皆さんは、現状維持のお手入れと老化を遅らせるためのエイジングケアを早速取り入れましょう!

アラサー世代には特に欠かせないお手入れ♡

アイクリーム

数年前には気にも留めなかった、目元のシワやクマなどの疲労感…。

30代前後で特に気になるようになってきます。

これは目の周りには皮脂腺がほとんどないため、他の部分よりも乾燥しやすいためです。

元々分泌量が少ないのに、加齢とともに皮脂の分泌量はどんどん減っていきますので、目元のトラブルが特に気になるようになります。

また、ストレスや寝不足から出来るクマや、クレンジング不足などによる色素沈着なども、アラサー世代が感じやすい目元のトラブルです。

これらを解消してくれるのが、【アイクリーム(目元専用クリーム)】です。

アイクリームを選ぶポイント!

アイクリームにも様々ありますが、選ぶうえで大切なポイントがあります。

➀ 乾燥対策ができる保湿成分が配合されているか。

② 気になるトラブルに効く、有効成分が含まれているか。

の2つです。

乾燥にはセラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、グリセリンなどが配合されているものがおススメです。

色素沈着にはビタミンC誘導体、クマにはビタミンCやプラセンタエキスがおすすめになります。

アイクリームの塗り方

アイクリームは、朝晩のスキンケアに取り入れることで目元の老化を遅らせる効果があります。

しかし、塗り方を間違ると逆効果にもなりますので、注意が必要です。

目の周りはとても皮膚が薄いので、力が入りにくい薬指でつけることをおすすめします。

30代♡アラサー世代の女性のお肌

まず、アイクリームを目の周りに数か所、点のように置きます。

次に下瞼のこめかみから目頭にむけて優しく伸ばしていきます。

目頭まで行ったら、こんどは上瞼を目頭からこめかみまで優しく流すように馴染ませます。

最後に下瞼も、目頭からこめかみまで優しく馴染ませます。

眉間のくぼみ、黒目の下の四白、こめかみのツボを一緒に押さえてあげるとさらに効果的です。

これはリンパの流れを意識した塗り方なので、目元のむくみなどをすっきりさせる効果も期待できます♡

おすすめアイクリーム♡

➀ POLA B.A アイゾーンクリーム

POLA B.A アイゾーンクリーム

26g/19440円(税込)

Amazonでチェック

② 資生堂 エリクシールシュペリエル リンクルクリームS

https://amzn.to/2IB7Y2c

15g/6,264円

Amazonでチェック

③ ランコム ジェニフィックアドバンストアイN

ランコム ジェニフィックアドバンストアイN

6,480円

Amazonでチェック

④ フローフシ THEアイクリーム

フローフシ THEアイクリーム 

7.5g/2500円(税抜)

Amazonでチェック

角質ケア

アラサー世代は、ホルモンバランスの乱れや、加齢、間違ったスキンケアなどが原因で、お肌のターンオーバーが乱れやすいです。

ターンオーバーとは、お肌が新しく生まれ変わるサイクルのこと。

このターンオーバーが乱れると、古くなった角質が剥がれ落ちずに肌の上に残ったままになり、どんどん蓄積されていきます。

この蓄積された古い角質が、お肌のごわつきやくすみなどの原因になってしまいます。

また、古い角質が肌の上に残ったままだと、いくら高価な化粧品を使ってお手入れをしても、肌の奥まで成分が浸透していきません。

やりすぎはNGですが、適度な角質ケアはアラサー世代には欠かせないお手入れになります。

UV(美白)ケア

光老化という言葉があるように、老化の原因の80%は紫外線によるものと言われています。

紫外線を浴びたことで蓄積されたメラニンは30代前後で表面化し、一気にシミが増えてしまうことも…。

シミが出来てしまってからだと遅いので、美肌を目指すアラサー世代の皆さんはUVケアを徹底しましょう!

まず大切なのが『シミを増やさない』お手入れです。

紫外線を浴びると2分でシミの元ができると言われています。

少しの時間だから…と、日焼け止めを塗らずに出かけるのは絶対にNGです。

また、家の中でも窓際2メートルまでは、紫外線は窓ガラスを通過して入ってきていますので、ノーメイクの日でも日焼け止めだけは必ず塗りましょう。

そしてもう一つ大切なのが、『できてしまったシミを消す(薄くする)』お手入れです。

シミの種類によっても効果のある成分が違いますので、自身のシミに合わせた美白化粧品を使用しましょう。

ニキビ跡や、火傷跡などの炎症後色素沈着と、老人性色素斑にはプラセンタエキス・ビタミンC誘導体・ルシノール・アルブチン・EGFなどの成分がおすすめ。

肝斑にはm-トラネキサム酸がおすすめです。

おすすめ美白化粧品

クオレ AXI ホワイトニングクリームTS

クオレ AXI ホワイトニングクリームTS

35g/10000円(税抜)

※美容室専売品

2016年、2017年、2018年モンドセレクション3年連続〔最高金賞〕受賞。

「美白」という言葉を最初に作ったクオレ化粧品の美白クリーム。

Amazonでチェック

 

アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイト

美白とエイジングケアの両方が出来る化粧品。

輝く潤い美肌へ。

公式サイトでチェック

資生堂 HAKU

資生堂 HAKU

m-トラネキサム酸配合で肝斑にも効果的。

シミ生成連鎖を抑制してシミを防ぐ。

Amazonでチェック

これからもっと輝くために♡

30代♡アラサー世代の女性のお肌

20代までのお肌は何もしなくてもきめ細やかでハリがあります。

なので、20代までは目元や口元などのポイントメイクに手をかけるのです。

しかし、30代になると様々な環境の変化によってお肌の状態も大きく変わります。

しかし、幸いなことにお肌はお手入れさえきちんと行っていれば、ちゃんと応えてくれます。

「もういいや」と諦めてしまうのではなく、早め早めにケアをしてあげましょう♡

何だか最近お肌が変わってきた気がする…

こう感じてきたらお手入れの変え時です!

まずは、生活習慣とスキンケア習慣を見直してみてください。

ここでやるか、やらないかで10年、20年後の肌に大きな変化が出てきます。

自分のお肌とは一生付き合っていくものですし、取り替えもききません。

いつまでも自分のお肌に自信が持てるように…

これからさらに輝けるように…

毎日出来ることから少しずつ始めていきましょう♫

この記事を書いた人

Toki
Toki

美容ライター。ママです。現在は美容室にてスパを担当。某化粧品メーカーのインストラクターを務めていた経験を活かし、美容に関すること、キレイになるためのノウハウを記事を通してお伝えします!

主な資格

リンパマッサージ(フルボディケア、フェイシャルケア)、フェイシャルエステティシャン、化粧品検定三級、ビューティコーディネーター三級

facebook
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スキンケア
スポンサーリンク
Girlwish