太ももやむくみが気になる女性のための脚ケア・脚やせ対策

太ももやむくみが気になる女性のための脚ケア・脚やせ対策 ダイエット

女性にとって【美脚】は永遠のテーマです。

しかし、ダイエットしても足だけはなかなか細くならない。

どうやったら脚やせ出来るんだろう…?

こんな風に感じている方も多いのではないでしょうか?

今回は、脚が太くなってしまう原因と、日常で簡単にできる美脚ケアについてお話していきます。

スポンサーリンク

脚が太くなるにもタイプがある!?そもそも太くなる原因って?

実は、脚が太くなってしまう原因は1つではないということをご存知ですか?

もしかしたら、知らず知らずに自分で脚を太くしてしまっているかもしれません。

自分の脚がどのタイプなのかを理解して、正しくケアしていきましょう!

脂肪

太ももやむくみが気になる女性のための脚ケア・脚やせ対策

足は体中から血液を送り出す心臓から最も遠い箇所になるので、血液が行きわたりにくく、血行不良が起こりやすい部位です。

そのため、代謝も悪くなりやすいので脂肪がつきやすいと言われています。

☑ 膝の上に肉がのる。

☑ 太ももをつかんでひねると、肌がボコボコしている。

☑ 太ももを閉じるとすきまがない。

☑ ふくらはぎや太ももが柔らかい。

☑ 太ももをつかんだまま屈伸しても、肉をつかめたままでいられる。

このような方は【脂肪太り】タイプかもしれません。

脂肪太りは、カロリーオーバーや、摂取したカロリーに対してカロリーを消費できていないことや、運動不足などが原因です。

脂肪がつきやすいということは、筋肉が十分に使えていないということです。

ふくらはぎなどは日常歩いたり、立ったりという動作で使いますが、あまり日常動作で使われていない内ももや太ももなどは、筋肉が薄い部位になりますので、特に脂肪がつきやすいです。

また皮下脂肪がたまると、やがてセルライトというものに変化します。

セルライトとは脂肪と老廃物が絡み合って固まったものです。

こうなるとさらに落ちにくくなりますので注意が必要です。

下半身だけでなく、上半身も太めの方は特にこの脂肪太りタイプであることが多いです。

むくみ

本来は体中をめぐるはずの血液や水分が、下半身は重力の影響を受けて血液や水分が滞りやすくなっています。

そのため、血行不良がおこりやすく、むくみやすい部分です。

☑ 朝と夕方で靴のサイズが変わる

☑ 足のすねなどを押さえると、凹んだまま戻らない。

☑ 足が冷えて冷たい。

☑ 立ちっぱなしor座りっぱなしでいることが多い。

☑ 足にだるさを感じる。

このように感じる方は【むくみ太り】タイプかもしれません。

このむくみを放っておくと、むくみが蓄積されてどんどん太くなっていきます。

むくみもセルライトに変わりやすいので注意が必要ですが、その日のケアで改善しやすいものですので、気づいた時にケアをするように心がけましょう。

姿勢

太ももやむくみが気になる女性のための脚ケア・脚やせ対策

どんなに対策しても脚が細くならないのは、実は姿勢のせいかもしれません。

脚が太くなることと姿勢は、一見何の関係もないように思えますが、実は大きな関りがあるのです。

☑ 猫背

☑ 反り腰

☑ 足を組む癖がある。

☑ 靴のすり減り方が均等ではない。

☑ 立っている時、左右どちらかに重心がかかっている。

こんな方は【姿勢太り】タイプかもしれません。

姿勢は長年身について癖になっているものなので、自身で意識していかないと改善されにくいです。

猫背

太ももやむくみが気になる女性のための脚ケア・脚やせ対策

猫背になり、身体が前に傾くと、内臓が押し付けられて下へ下へと下がっていきます。

その押し付けられた内臓が骨盤を圧迫し、骨盤が歪んだり、開いたりする原因になります。

開いた骨盤の大きさに合わせて筋肉や脂肪がつくので、それだけ太くなる原因になってしまいます。

また、下に圧迫されていることで、老廃物の通り道である足の付け根のリンパ管も圧迫され、悪いものが流れにくくなります。

こうすると老廃物が蓄積され、むくんだり、太くなったりする原因になります。

反り腰

太ももやむくみが気になる女性のための脚ケア・脚やせ対策

反り腰もまた、足が太くなる原因の一つです。

〔反り腰チェック〕

① 壁に背を向けて立つ。

② 踵と頭を壁につけ、もたれかかる。

③ その状態で両手を壁と腰の間に入れる。

どうですか?

ここで壁と腰の間に手が入った方は【反り腰】です。

反り腰は骨盤が前に傾き、腰は反っており、お尻が突き出している状態です。

重心が前にばかりかかるので、太ももの前側が張って太くなります。

脚を組む癖がある

太ももやむくみが気になる女性のための脚ケア・脚やせ対策

脚を組むと、太ももの裏が圧迫されます。

圧迫されることで、血液やリンパ液も流れにくくなり、むくみの原因になります。

また、片方の足を組むことで骨盤も歪み、不要な脂肪や筋肉がついて太くなります。

筋肉

太ももやむくみが気になる女性のための脚ケア・脚やせ対策

脚が太くて、なかなか落ちにくい原因として筋肉も挙げられます。

☑ 太ももの全面や、側面ばかりが太い。

☑ 触ると固い。

☑ 昔、部活などでスポーツをしていた。

☑ ハイヒールをよく履く。

こんな方は【筋肉太り】タイプかもしれません。

筋肉太りと言っても、筋肉だけで足が太くなっているわけではありません。

筋肉のみで身体を太くするのは、筋肉を競うボディービルダーでも難しいと言われています。

ですから、足を触って固いから筋肉太りだ!と思っている方も実は、筋肉と一緒に脂肪がついて太くなっていることがほとんどです。

太ももの肉をつまんだままスクワットをし、つまめたままになっている部分は全て脂肪です。

どんな解決方法があるの?

美脚になる方法は?短く見える原因や対策・スキンケア方法をまとめて解説

ここまでお話してきたように、足が太くなる原因も人によって様々です。

また、どれか一つのタイプに当てはまるのではなく、複数のタイプが組み合わさっていることも多いです。

ですから、単純にダイエットしたら解決!ではないので、ご自身のタイプに合わせた対処法が必要です。

脂肪太りタイプ

脂肪は消費カロリーよりも摂取カロリーのほうが多くなると増えていきます。

ですから簡単に言うと、このタイプは食べる量を減らして、運動をすればよいのです。

しかし、すぐに結果に繋がるわけではないので、根気よく続けるのは難しいですよね。

このタイプにお勧めなのが、ウォーキングなどの有酸素運動です。

なかなか運動をする時間のない方や、運動しても続かないという方は、出勤時やお買い物の時間を利用して、いつもより1駅手前で降りて歩くといったことを心がけてみましょう。

毎日コツコツと日常生活の中に少しづつ運動をする習慣を取り入れましょう。

もちろん食べ過ぎも厳禁ですので、よく噛んでゆっくりと食事し、腹八分目で押さえるように意識しましょう。

むくみ太りタイプ

むくみの原因は血液やリンパ液が滞ることにあります。

このタイプの方にはリンパマッサージがおススメです!

マッサージをするときはお肌の摩擦にならないように、オイルやクリームを使います。

マッサージを始める前に水を1杯飲んでおくと老廃物が流れやすくなりますよ。

ここでは、自分でできるリンパマッサージの方法についてお話します。

【脚のセルフリンパマッサージ】

リンパケアは、鎖骨リンパ節の流れをよくすることから始まります。

鎖骨リンパ節はほとんどのリンパ液の最終出口です。

出口の流れをよくすることで全身の老廃物がスムーズに流れやすくなります。

身体の末端部にある足は、老廃物も溜まりやすく、冷えやむくみも感じやすいところです。

丁寧にケアをしていきましょう。

① 鎖骨リンパ節

鎖骨の内側に指をひっかけるようにして5秒間押す。

これを3~5回繰り返します。

② 足底部

「湧線」のツボを中心に土踏まずなど、疲労を感じているところ全体をまんべんなく揉みほぐします。

ほぐした後は、リンパ液を踵から足首に向かって流すように手のひらでさすります。

③ 足背部(足の甲)

脚の指をまんべんなく揉みほぐします。

骨と骨の間に指を当て、足首に向かって一定方向に何回か流します。

指を使った後は手のひらで同じように足首までリンパ液を流すように軽擦します。

④ ひざ下

両くるぶしの周りをくるくるとほぐしたあと、手のひらで膝に向かってリンパ液を流すように軽擦します。

外側のライン、内側のラインもまんべんなく全体を膝に向かって流します。

最後に踵を指で挟んでマッサージした後、ふくらはぎの部分を膝の裏【委中というツボ】に向かって軽擦します。

⑤ 太もも

膝まで集めたリンパ液を、鼠径部(足の付け根)に向かって流していきます。

太ももの前側、内側、外側もまんべんなく一定方向に流します。

太ももの裏のリンパ液は前側に集めるように軽擦し、鼠径部に流し入れます。

 

リンパ管は皮膚の浅いところに通っていますので、強い力でマッサージしなくても効果があります。

むくみや疲労がひどい箇所は痛みを感じやすいので、程よく痛みを感じる程度の力でマッサージしましょう!

必ず一定方向に流す!ということがポインです。

姿勢(骨盤ゆがみ)タイプ

姿勢が悪くなることで骨盤を圧迫しているタイプの方です。

このタイプの方は正しい姿勢を取り戻すようにしましょう!

しかし、最初から正しい姿勢をキープすることはとても難しいです。

まずは、『重心を内側にする』ことから始めます。

足の親指側、くるぶしから付け根までまっすぐと伸ばして、力を入れるように意識し、そのまま上半身も胸を張るようにします。

これだけ意識するだけでもかなり大変です。

この力の入れ方が意識できるようになったら、正しい立ち方を矯正します。

時間などに余裕のある方は骨盤矯正に通うのもおすすめです。

しかし、日常生活で姿勢を心がけていないと、せっかくした矯正も元に戻ってしまいますので、意識して姿勢を正しましょう。

筋肉太りタイプ

筋肉と筋肉の間に脂肪がついて『霜降り状態』になっているタイプです。

このタイプの方は、ハードな運動をすると余計足が太くなってしまうということもあります。

筋肉太りの方はアウターマッスルと呼ばれる、身体の表面にある筋肉がハードなトレーニングなどによって発達しています。

かといって運動をやめてしまうと筋肉だけが落ちて、代謝も悪くなり、こちらも痩せにくい原因になってしまいます。

では、どうしたらいいの?と思われる方も多いでしょう。

筋肉太りタイプの方は、インナーマッスルを鍛えると効果的です。

インナーマッスルを鍛えるには有酸素運動であるウォーキングやスローエクササイズのヨガ・ピラティスがおすすめ!

忙しいときは凝り固まった筋肉を叩いたり、つかんでほぐしたり、伸ばしたりするだけでも効果があります。

ちょっとしたことで大丈夫!日常の一コマで脚痩せ♡

ここまではタイプごとに解消法をお伝えしてきました。

しかし、忙しい日々の中でいきなり運動やマッサージを取り入れるのは難しい方もおられますよね。

そんな方のために、日常生活のちょっとした心がけで取り入れられ、理想の美脚に近づける方法をお伝えします!

普段の立ち方、歩き方を意識する

普段、何気なくとっている姿勢ですが、少し意識するだけで見違えるほどの効果があります。

背筋を伸ばし、下腹とお尻に力を入れて、上に引っ張られるようなイメージで立つこと。

歩くときは、その姿勢のまま、かかとからつま先が順に地面につくように足裏全体で歩く。

常に意識するのは難しいですが、ショーウィンドウなどに映る自分の姿を見かけたときなど、思いついたときに実行してみるとよいでしょう。

この姿勢が自然に保てるようになると、足にも均等に筋肉がつきますし、骨盤のゆがみにも効果的です。

立っている時間を有効的に♡

例えば、通勤時間やキッチンに立っている時など、女性は意外と立っている時間が多いです。

この時間を有効利用して脚痩せしちゃいましょう!

やり方は簡単♡

つま先立ちで踵を上下に上げ下げするだけ!

特にふくらはぎは、心臓から押し出された血液を重力に逆らって押し戻すポンプの役割をしていますので、筋肉をつけることでむくみにくい足を作ることが出来ます。

デスクワーク中に脚痩せ♡

デスクワークをしている方が特されるのでに気になっているのが『むくみ』です。

これは長時間イスに座っていることで、太ももの裏が圧迫され、血行不良が起こりやすいためです。

また、パソコン作業をしているとついつい猫背になっていたり、無意識に足を組んだりしています。

適度に休憩し、立ち上がって伸びをしたりするのも大切です。

冷えもむくみの大敵なので、ひざ掛けやレッグウォーマーなども使用しましょう。

机の下にこっそり仕込ませることが出来るのであれば、本やクッションなどを膝の間にはさみ、30秒キープするなどの簡単なエクササイズもおすすめです。

心強い味方!脚太を救うお助けアイテム

頑張ってダイエットしても、足は痩せづらい部位です。

運動してもなかなか効果に繋がらないことも…。

そんな時にお勧めなのが、脚痩せグッズです。

上手に組み合わせて、足痩せ効果をUPしましょう!

たくさんのグッズがある中で、今回はどなたでも簡単で手軽に使用できるものをご紹介します。

 

① 着圧ソックス・レギンス

着圧ソックス・レギンス

人の手でマッサージしてもらう時と同じように、足首から太ももまで適度に圧がかかるように設計されています。

加圧とツボ押しの効果があるので、血行促進効果も期待できます♡

Amazonでチェック

 

 

② 骨盤ケア下着(矯正下着)

骨盤ケア下着(矯正下着)

その名の通り、骨盤を補正してくれるものです。

下着タイプの他に、ベルトタイプやガードルタイプもあります。

正しく着用することで、ゆがんだ骨盤を正しい位置へ補正してくれる効果があります。

しかし、締め付けの強すぎるものや、サイズの合っていないものは痛みが出る原因にもなりますので、自分のサイズに合ったものを使用しましょう。

Amazonでチェック

 

③ 骨盤シェイプスリッパ

骨盤シェイプスリッパ

踵部分がなく、バランスをとりながら歩くスリッパです。

太ももやふくらはぎのエクササイズにもなりますし、履くことで背筋が伸びるので姿勢をよく保つ効果もあります。

Amazonでチェック

 

④ SPOPAD FIT2

SPOPAD FIT2

貼っておくだけでダイエット効果が期待できるアイテムです。

20分間でウォームアップ→エクササイズ→クールダウンまでパターンが切り替わるので、効率的に運動効果を得ることが出来ます。

薄型で軽量なので、家事をしながらやオフィスなどでも使用できます。

Amazonでチェック

 

⑤ スリミングジェル

スリミングジェル

マッサージを取り入れることが出来る方は併用すると効果的なアイテムです。

マッサージによる肌への摩擦の軽減はもちろん、脚痩せの効果をUPさせてくれるものです。

決して塗るだけで細くなるというアイテムではありませんので、注意してください。

温まった状態で使うことで効果が上がりますので、入浴中やお風呂上りでのタイミングで使用するのがおススメです。

Amazonでチェック

ちょっとした心がけで憧れの美脚へ♡

女性にとってスリムな脚は永遠の憧れです。

今回はどなたでも手軽に取り入れられるものを中心にご紹介しました。

脚痩せはすぐに効果の出るものではありませんが、毎日の習慣や積み重ねがとても大切です。

ちょっとした心がけを変えることで、憧れのバンビ脚を手に入れましょう♡

美脚になる方法はこちら♪

美脚になる方法は?短く見える原因や対策・スキンケア方法をまとめて解説

この記事を書いた人

Toki
Toki

美容ライター。ママです。現在は美容室にてスパを担当。某化粧品メーカーのインストラクターを務めていた経験を活かし、美容に関すること、キレイになるためのノウハウを記事を通してお伝えします!

主な資格

リンパマッサージ(フルボディケア、フェイシャルケア)、フェイシャルエステティシャン、化粧品検定三級、ビューティコーディネーター三級

facebook
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ダイエット美脚対策
スポンサーリンク
Girlwish