8時間ダイエットの効果的な方法や実際に痩せるのかを口コミから調査!

8時間ダイエットの効果的な方法や実際に痩せるのかを口コミから調査! ダイエット

現代人に肥満が増えた理由として、1番に挙げられる理由の一つに「いつでも食べ物を食べられる環境」が関係していると言われています。

例えば、24時間営業のコンビニ、深夜まで空いている飲食店、簡単に調理できるレトルト食品など・・。

今回紹介するのは、24時間中8時間のみ食事をしてもいいダイエット「8時間ダイエット」はそんな現代人の太る原因と無為会うダイエット方法です。

16時間食事をしないことで本来あるべき姿=軽い飢餓状態を生み出し、痩せやすい体を作るというもの。

食事制限はなし!

運動もなし!

なのに8時間ダイエットで1週間で数キロ痩せたという口コミも・・。

今回はそんな気になる8時間ダイエットの特徴や、効果的な方法、メリット・デメリット、口コミをまとめてみました!

8時間ダイエットとはどんなダイエット?

8時間ダイエットとは肥満大国と言われるアメリカ発のダイエットでアメリカのデイビッド・ジンチェンコ氏の著書「The 8-hour Diet」で紹介されたものが日本でも流行しました。

著書では「朝から夜まで起きている間常にずっと食べている食生活に原因がある」と問題提起をしており、ギクッとなってしまう方も多いのではないでしょうか。

朝起きて、お昼ご飯を食べて、少し間食を挟んで、晩御飯を食べて、寝る前にちょっとしたスイーツ・・。なんて生活をついつい送ってしまうという人も珍しくないでしょう。

8時間ダイエットとは、簡単に言えば24時間中8時間は食事をしてOKです。

他の16時間は水分のみです。

8時間以内にいつもどおり3食は難しいので必然的に8時間ダイエット中は2食になります。

一見厳しそうに見えますが、食事制限や辛い運動は必要ありません。

8時間以内に食事時間を抑えることで体が軽い飢餓状態になり、なんとかして最低限の活動のためのエネルギーを生み出そうと体内に蓄積された脂肪を燃やしエネルギーに変えてくれます。

また人間の体内には、「消化酵素」「代謝酵素」の二種類が存在しており、どちらかを使うとどちらが減る性質を持ち合わせています。

消化にエネルギーが多く使われると、その分代謝が減ってしまい太りやすくなってしまいます。

しかし、8時間ダイエットでは16時間食事をしないので消化酵素が多く使われず、代謝酵素をたくさん働かせることができて新陳代謝を高めることができ、脂肪が燃えやすく、さらに痩せやすい体にシフトチェンジ!

さらに8時間ダイエットでは「ビーマルワン」の働きを抑える効果があります。

よく、「夜食べすぎると太る」と言われることが多くありますが、その原因はこのビーマルワン。

ビーマルワンはたんぱく質の一種で、夜の10時以降に体内で増加し始め、午前2〜4時をピークに胃腸に食べ物があると脂肪として蓄えてしまう性質を持ち合わせています。

8時間ダイエットでは夜は固形物は食べない時間帯ですのでビーマルワンが増える心配はありませんね♪

これらの特徴を持ち合わせた8時間ダイエットは、ただ食べない!というダイエットではなく全てがダイエットのための理にかなっている方法だと言えるでしょう。

8時間ダイエットの最も効率のいい方法は?

8時間ダイエットの効果をさらに上げる方法を紹介します♪

どれも少し気をつければグンと効果が上がるものばかりなのでぜひ試してみてくださいね。

1.  食事の時間を決める

8時間ダイエットは今まで普通に3食食べていた人にとっては少し慣れるまでに時間がかかるダイエットです。

そのためにも体に8時間内の2回の食事、16時間の休息のリズムを覚えさせましょう。

何時と何時に食事!と決めておくとうっかりミスで、2回目の食事を食べ損ねることや、時間オーバーして食べてしまう失敗もありません。

8時間ダイエットのコツは継続です。

継続させるためにも最初にしっかりマイルールを決めておきましょう。

2.  飲み物に気をつける

16時間ちゅうは水分をしっかり摂ることが大事です。

しかし、この時間中に甘い糖分がたっぷり入った飲み物を飲むのはダイエットの大敵!

できればお茶かお水などのカロリーの少ないものを選ぶようにしましょう。

特に注意すべきはコーヒー!

コーヒーに含まれるカフェインは、胃や腸に負担をかけてしまい、胃や腸の休息を邪魔してしまいます。

また、1日の食事回数が2回になることで栄養バランスが崩れやすくなってしまうことも・・。

そこで、16時間中の飲み物に一度、グリーンスムージーや酵素ドリンクを挟むこともおすすめです。

グリーンスムージーは野菜不足を解消し、空腹感も抑えてくれますし、酵素ドリンクは栄養補給体に必要な酵素を増やすだけでなく体調もしっかり整えてくれますよ♪

3.  運動も並行してやるとさらに効果アップ!

8時間ダイエット中は運動もさらに並行して行うと、脂肪が燃えやすく効果がさらに上がります。

運動内容は8時間ダイエットはそれだけでも十分に効果がありますし、運動が苦手な方でもしっかり長期間継続できるものを実行しましょう。

おすすめは10分間の有酸素運動!

有酸素運動とはウォーキングや軽い水泳などで体に少しの負荷をかけて運動することで酸素をしっかり供給しながら脂肪を燃やす運動のことをいいます。

有酸素運動は酸素が脂肪を燃やすいわゆる燃焼材として使われるので8時間ダイエットのような食事リズムをしている人にとって同時並行して行うダイエットとしてはうってつけです。

これも継続がとても大切ですが、10分で大きな効果が得られる運動ですのでぜひ試してみてくださいね。

8時間ダイエットのメリット

8時間ダイエットを選ぶメリットをまとめてみました。

初心者の方に特にメリットが大きく、何か初めて見たいけど何から始めればいいか知識があまりない!というかたに向いているダイエットです。

1.  簡単に今日から始められる

ダイエットに必要なことはただ一つ、気合いでも忍耐力でもありません。

「行動力」です。

行動力が生まれやすいダイエットであればあるほど成功しやすい特徴があります。

行動力が生まれやすいダイエットとはいわゆる、始めることにハードルが低いダイエットのことをさします。

8時間ダイエットは、専門的な知識や道具はいりません。

ただ決められた時間内に食事をするだけです。

厳密には注意点も多々あるものの、それでも簡単さでいうと8時間ダイエットは数あるダイエット方法の中でもダントツです。

極端に言えば今からでも始められますよね♪

2.  消化吸収がよくなる

人間の体は3時間程度かけて消化され、8〜12時間で排泄します。

3食を食べる以外に間食をしたり夜食として深夜に食事をすると体はずっと消化活動を行なっています。

消化活動をずっと行なっていると、消化が悪くなったり身体が疲れてしまったりうまくリセットが聞きません

食事をしない時間は胃腸などの消化器系を休ませることができるので内臓を正常な状態に戻すことができて、内臓の機能を回復する効果をもたらします。

内臓の機能が休息によって正常に機能し、16時間水分をきちんと摂ることで腸の中を綺麗にし、腸内環境も良くなり、体重だけでなく髪や肌、あらゆるところに良い変化が期待できますよ♪

3.  無理なく進められる

8時間のうちに基本的には好きなものを厳しく縛らずに食べて良いのが8時間ダイエットの大きなメリットです。

例えば、糖質制限ダイエットのように食べてはいけないものというのはありません。

好きなものを好きなだけ食べる!と考えすぎずに食事するのはよくありませんが、たまにラーメンが食べたい!、ケーキが食べたい!はOKです。

無理なく自分のペースで8時間のうちに食事というところを一番大事に守り続けていれば徐々に痩せていくので、ダイエット初心者の方でも比較的ストレスを感じずに続けられますよ♪

8時間ダイエットのデメリット

8時間ダイエットのデメリットを挙げてみると、これらの3つが主にあげられます。

  • 自制が効かない人はカロリーが抑えきれないことも
  • バランスのいい食事が難しい
  • 普段朝ごはんが早い人にとっては少し辛い

上の二つのデメリットに関しては、8時間ダイエットが失敗しやすいデメリットです。

しっかり8時間のルールを守っているのに長期間続けても痩せないという人は、8時間ダイエットで食べている2食の総カロリーと、普段の3食食べている総カロリーを比べてみてください。

普段3食食べているカロリーより2食の方がカロリーが少なくなければ基本的に痩せません。

そして、食事のバランスですが、糖質ばかりに偏り過ぎていて8時間ダイエットに失敗している人が多くいます。

3食で食事のバランスを今までとっていた人が2食になり、安心しきって丼物や麺類をたくさん食べてしまうと食事のバランスが崩れ、ビタミン不足、カロリー超過に繋がってしまいます。

8時間ダイエットでも2食の中で低カロリーかつ、ビタミンや鉄分など野菜や魚などを意識して摂るようにしてバランスの良い食事を心がけましょう。

最後に、「普段朝ごはんが早い人にはつらい」というデメリットについてです。

普通は7時、12時、19時と朝ごはんが早めの人が8時間ダイエットは7時、15時に食事ができる計算になります。

ということは最後の食事の時間は15時になり、寝る時間までの間が長く、その分空腹と戦う時間も長くなってしまい、ストレスを感じやすくなってしまいます。

それに比べて普段朝ごはんを食べずに、昼ごはんからスタートする人が8時間ダイエットをすると、2回の食事の時間は12時、20時の二回です。

最後の食事から寝る時間までの時間が、朝ごはんを早めに食べる人よりも短いのでダイエットの難易度がグンと下がりますよね。

もし朝ごはんが普段早くても8時間ダイエットに挑戦したい方は、朝ごはんの時間を普段より少し遅めに設定するのも継続させるための作戦の一つですよ♪

8時間ダイエットはどんな人に向いている?

8時間ダイエットはこんな人に向いています♪

  • 厳しいカロリー制限をしたくない
  • 胃腸を休ませ、便秘解消や体を健康にしたい人
  • 基礎代謝を上げたい人

8時間ダイエットは痩せるまでに確かに他の食事制限やきつい運動をするダイエットと比べれば即効性には欠けるかもしれません。

しかし、本来の人間にあるべき軽い飢餓状態に意識的にもっていくことで、身体を健康にし、体重の数字以外で身体の変化にたくさん気づくことがあります。

これらのことから8時間ダイエットは痩せる以外にも健康な身体を取り戻したい方にぴったりです。

8時間ダイエットの注意点

8時間ダイエットは簡単ながらも注意点がたくさんあります。

1.  2食の食事の総カロリーに気をつける

2食しか食べないからといって食べ過ぎは注意です。

よくあるダメなパターンは「最後の食事で、お腹が空いてしまうのはつらいからたくさん食べておこう!」と食い意地をはってしまうこと。

胃が大きくなってしまい、余計に次の日からのダイエットが苦痛になってしまいますし、思ったように痩せません。

2.  最後の食事から寝るまでの時間が短いのはNG

例えば朝寝坊をして1回目の食事を15時にとったとします。

すると23時までに2回目の食事をとればOKという計算になります。

しかし、寝る直前にものを食べてしまっては起きている間に消化が済まず、脂肪として蓄えやすくなりますし夜に食べたものを脂肪として蓄えてしまうタンパク質「ビーマルワン」もダイエットの邪魔をします。

最低でも最後の食事から寝るまでに4時間は開け、なるべく1回目の食事は午前中に終わらすことを意識しましょう。

3.  血糖値の上昇を抑える食事内容にする

食べるものは8時間以内というルールを守っていれば基本的にはなんでも良いのですが、血糖値が上がり過ぎないように気をつけましょう。

血糖値を上昇させる犯人は主に食事の中に含まれる糖質です。

糖質を摂ると急激に血糖値が上がり、糖質を脂肪に変えて体内に溜め込むように指令が出てしまいます。

もし、糖質がどうしても食べたいときは徐々に血糖値を上げ過ぎないように食べる順番を工夫すると良いでしょう。

糖質が含まれるご飯や麺ものを最後にして最初に汁物や野菜類を食べれば急激に糖質が上がることはほぼありません。

8時間ダイエットで痩せた人のSNS・Twitterの口コミ

 

みなさん、8時間ダイエットで大きな効果を実感しているようです!!

短期間で結果を出している方も多く、喜びの声がたくさん集まりました!

また、8時間ダイエットを他のダイエットと並行して実践している方も多く、

糖質制限ダイエット×8時間ダイエット

の組み合わせも人気でした♪

まとめ

8時間ダイエットについて徹底調査してみた結果、飢餓状態にして胃腸を休めたり、痩せやすい体づくりをすることは痩せる以外にも健康になれることがわかりました。

ダイエットと聞くと辛くて、不健康なイメージもありますが、8時間ダイエットは全くの逆です。

ストレスを感じづらく、自分流に自由に時間さえ守れば食事内容や食事量を調整できるのも良いですよね♪

明日からすぐに実践できるダイエットなのでぜひ試してみてくださいね。

アラサー女子が始めたいダイエット方法まとめ
【ダイエット方法】30代アラサー女子が実践する無理しない効果的な方法とは
アラサー世代、つまり30代前後になると、体型や体質の変化が気になりますよね。 ダイエットをしても昔のように上手く行かないし、このままじゃ好きなお洋服を好きに着られなくなる! この世代の女性
30代女性の糖質制限ダイエット!メリットや口コミ、食事メニューや注意点を総まとめ
いろんなダイエット方法がありますが、その中でも 「空腹と戦わなくてもいい!」 そんな最高なダイエットの糖質制限ダイエットについて今回はわかりやすく解説してみました♡ そもそも糖質って
レコーディングダイエットの方法や実際に痩せるのかを口コミから調査!
ダイエットの方法といえば世の中には数えきれないほどありますよね。 「糖質制限ダイエット」「炭水化物ダイエット」「朝バナナダイエット」などなど。 そこで、ダイエットをしよう!と今あなたが考え
8時間ダイエットの効果的な方法や実際に痩せるのかを口コミから調査!
現代人に肥満が増えた理由として、1番に挙げられる理由の一つに「いつでも食べ物を食べられる環境」が関係していると言われています。 例えば、24時間営業のコンビニ、深夜まで空いている飲食店、簡単に調

コメント