ファスティングダイエットのやり方!3日間続けた結果を口コミ報告します!

ファスティングダイエット ダイエット

ファスティングダイエットといえば最近モデルさんやインフルエンサーのおしゃれな女子が積極的に取り入れている、いわば「プチ断食」ダイエット方法です。

食べれない多少のストレスはあるものの、体内の毒素が排出され、終わる頃にはむくみや気になる部分がスッキリ!♪

今回はそんなファスティングの詳細、Twitterからの口コミを調べると同時に、筆者も実際に3日間挑戦してみました。

ファスティングダイエットは簡単にいえば「断食ダイエット」!

ファスティングとは「断食」のことをさします。

現代の日本人の食生活は食べるものに恵まれているので、24時間のコンビニ・レストランで小腹がすいたなと思えば、すぐに食べてしまう経験が誰にでもあるでしょう。

小腹が空いたら食べることで胃腸は休みなく分解・消化・吸収・解毒といった消化活動で動き続け内臓を酷使し、傷つけていることになります。

しかも体の中では毒素も溜まりに溜まっている状態に・・。

そこでファスティングダイエットで数日間固形物を食べずに水分だけで過ごすことによって身体機能の回復・体質改善ができます。

ファスティングダイエットは断食ではありますが、最近の主流は酵素ドリンクや発酵ドリンクと組み合わせて行います。

酵素ドリンクとは主に

  • 糖質
  • ビタミン
  • ミネラル
  • アミノ酸

が含まれていて栄養たっぷりです。

断食といえば不健康なイメージがあるかもしれませんが、これらの栄養素を摂取しながら行うので安全・手軽にリバウンド知らず♪

また、最近ではファスティングをダイエット目的だけではなく、アンチエイジング・デトックス・腸内環境改善などのあらゆる目的のため行われる方も増えてきました。

ファスティングダイエットのやり方3ステップ

まずファスティングダイエットを行う日数ですが3日間が最適です。

1、2日間では体重が減ったとしても痩せる細胞、いわゆる「脂肪酸」の生産が追いつきません。

3日であれば脂肪酸が体内に増え、ファスティングダイエットが終わった後も痩せやすい体に導いてくれると言われています♪

そして、ファスティングダイエットの大切なやり方ですが、3ステップで考えることが成功の秘訣です。

ファスティングダイエットはいきなり3日間普段の食事とガラッと変え、固形物を何も食べない!というのはストレスがたまり、失敗するだけではなくリバウンドの可能性が高まってしまいます。

そこで準備期間・終わった後の回復期間が大事ということをよく覚えておきましょう!

準備: ファスティングダイエット3日間に備えて前3日も少し食事の量を減らす

ファスティングダイエットの前3日は普段の食事の6〜8割に抑えるようにするようにしましょう。

これによって、本番の3日間を迎えるまでに少しずつ胃が小さくなるので、空腹によるストレスが軽減されます。

この期間は本番の練習のようなものなので、ファスティングダイエットを成功させるためにも必ず行うようにしましょう。

1日1回、酵素ドリンクと置き換えて鳴らしていくのも効果的です。

本番:ファスティングダイエット3日間

ファスティングダイエット3日間、3食全て酵素ドリンクに置き換えます。

3日間酵素ドリンクの他にしっかり水分を同時に取るようにしましょう。

水分を取る目安は200ml以上を5回以上に分けるのがベスト!

酵素の働きが強まり空腹も抑えるので、ファスティングダイエットが成功する近道になります。

固形物が口にできないのはストレスにもなりますが、3日目には食欲が激減したという実際の口コミも多いのでとにかく1日目と2日目を乗り越えることを目指しましょう。

本番後:回復食で胃腸を休ませながら食事を戻していく

ファスティングダイエットでは本番3日間が終了した後の食事がとても大事です。

3日間のファスティングで胃腸はかなり収縮されている状態なので、その状態でいきなり固形物を胃の中に入れると体調を崩してしまう恐れがあります。

また、せっかくデトックスされて綺麗な体内に、油まみれのものや高タンパクのものを入れてしまうことは泥水を流し込んでいることと同じことです。

このことからファスティング本番が終わった後最低3日間は「回復食」と言われるヘルシーで消化のいいものを食べるようにしましょう。

まずは最初の食事はおかゆや重湯から始め、回復食期間中の1食は酵素ドリンクに置き換えるのがベスト!

この回復食を欲に負けて暴食してしまうとリバウンドに繋がりかねないので、慎重にゆっくり胃や腸を回復させていきましょうね♪

ファスティングダイエットを実際に行った人のTwitterの口コミまとめ

Twitterから実際にファスティングダイエットをされた人の口コミを集めてみました!

おすすめは3日間のファスティングですが、中には1週間近くされている方も・・!

みなさんファスティングダイエットの効果がとても出ているのがわかります。

ファスティングダイエットに関するQ&A集

Q1: ファスティングダイエットは継続して行った方がいい?

ファスティング自体は痩せることもそうですが、体質改善が期待できることから、健康な身体を保つためにも定期的に行うことがオススメです。

最も健康的に行える周期は1ヶ月に1回!

1ヶ月に1回体の中の余分なものや毒素をしっかりデトックスすることにより、より太りづらく、また病気をしにくい体つくりができます。

1ヶ月に1回も辛い思いをしなくてはいけないの?と思われる方もいるかもしれませんが安心してください。

ファスティングは回数を重ねるごとに胃が少しずつ収縮し空腹と戦うことに慣れてきます。

また1回では目に見えて痩せた!というのがわかりにくいですが何回か続けるうちに確実に目に見えてあなたの体型が変わって見えてくるでしょう。

Q2:  ファスティングダイエット中に飲んでいいものと飲んではいけないものは何?

ファスティングダイエットを成功させるためにも水分をしっかりとることは必須です。

飲み物をこまめにとることによって、酵素の働きをより活性化させたり、空腹感がまぎれるとも言われていますが、飲み物ならなんでも飲んでOKというわけではありません!

飲んでいいものと避けたほうがいいものをしっかり把握しておきましょう

飲んでいいもの

  • 酵素
  • ハーブティー
  • お茶
  • 野菜ジュース・フレッシュジュース(砂糖・人工甘味料不使用のもの)
  • 具なしの味噌汁やだし汁

避けたい飲み物

  • コーヒー(どうしてもの場合は1日1杯)
  • 紅茶
  • アルコール飲料(ノンアルコール含む)
  • 牛乳・豆乳

避けたい飲み物の中に、アルコールがありますが、お酒好きの人にとっては少々辛いですよね。

代わりになるものも残念ながらありません。

酵素を温存し、免疫を高めるためにはどんなアルコールでも避けるのが必須です。

毎日のお酒がやめられないという方もせめてがスティング中は断酒するようにしましょう。

Q3: ファスティングダイエット中さらに効果を上げる方法は?

ファスティングダイエットは体質改善が主な目的なので数字では体重が食べない分落ちても、見た目のダイエット効果はあまり感じられないかもしれません。

そこでさらにダイエットとしての効果を上げる方法をご紹介します。

1つ目は入浴や半身浴・足湯で身体を温め発汗をさらに促すこと!

ファスティングとは体内の毒素の排出を促すことですが、発汗によってさらに排出され代謝もアップしますし、むくみも軽減します。

ファスティング中は空腹のストレスで悩まされることもありますが、気分のリフレッシュにも一役買ってくれるのでおすすめ♪

2つ目は睡眠をしっかりとること。

これだけ?というくらいに初歩的なことですが、睡眠中は新陳代謝が活発になります。

要するに寝ているだけで痩せている、ということですね。

また翌日の体内酵素を睡眠中に生産するので睡眠時間は長ければ長いほどいいんです。

寝すぎということはありませんのでたくさん寝るようにしましょう。

くれぐれも体調を悪化させるような寝不足ということがないように、スケジュールに余裕があるときにファスティングダイエットを決行するようにしましょう。

Q4:  ファスティングダイエットには副作用はある?

ファスティングダイエットは人によっては副作用が生じる場合があります。

よくある副作用は

  • 便秘
  • 下痢
  • 吐き気
  • 発熱
  • むくみ
  • 倦怠感

などです。

特に多いのは便秘・下痢で、ファスティングダイエットの口コミの中には、このどちらかに悩まされたという人も少なくありません。

副作用が起きるということは体からなんらかのサインが発せられています。

続けることができそうにない状態であれば無理をせず、一旦中止か完全に中止をしましょう。

くれぐれも自己流でファスティングダイエットは行わず、不安なことがある場合は医師に相談したり、事前にしっかり注意事項を確認してからダイエットを行うようにしましょう。

Q5:  ファスティングダイエットが向いていない人はどんな人?

ファスティングダイエットは軽い飢餓状態を体に起こすことから体質上向いていない人もいます。

例えば

  • 胃腸に障害がある人
  • 過食症やけ食傷などの摂食障害を持病に持つ人
  • 妊娠中・授乳中の人

など。

もし実行するにあたって不安がある人は、自分で勝手に判断せず、医師の指示を仰ぐようにしましょう。

Q6:  回復食のオススメは?

回復食は三日続けて消化のいいヘルシーなものを食べましょう。

精製食品や白い食べ物よりも茶系のものがいいとされていて、そばやスープ、おかゆなどが特におすすめ♪

ファスティングダイエット終わりではやる気持ちもあると思いますが、効果をさらに上げることはもちろん、体調を崩さないように、ゆっくりゆっくり普段の食事に戻していきましょう。

Q7:  ファスティングダイエットを始めるのに最適な時期は?

せっかくダイエットを行うのなら最適な時期に効率よく痩せたいですよね。

特に女性の体はホルモンバランスによって体調も日々様々です。

ファスティングダイエットの場合、痩せるのに最適な時期は生理後!

生理後は卵胞ホルモンの分泌量が増加し、新陳代謝が促進されるため、脂肪が燃えやすい時期と言われています。

反対に最も向いていない時期はホルモンのバランスが乱れている生理中や生理直前の時期です。

この時期にファスティングダイエットを行っても数字にはあまり成果は出ないばかりか、体調不良や肌荒れなどが起きる原因につながります。

しっかり事前に自分の生理日を把握し、ファスティング当日の前後のスケジュールも確認してから行いましょう。

Q.8  どうしてもファスティングダイエット中に食事したくなったら?

どうしても何か食べたくなってしまった時は具なしのお味噌汁を飲むのがおすすめ!

今までの努力が台無しになってしまわぬよう、具なしというところは必ず守りましょう。

これだけでもかなり食欲が抑えられますよ♡

その他にも具なしのだし汁や、温めた人工甘味料が使われていないトマトジュースでスープ風にして飲むのもおすすめです。

食欲が湧いてどうしようもなくなってしまった時は水分でお腹を満たすようにしましょう。

筆者も実際に3日間ファスティングに挑戦してみましたところ1.6キロの減量に成功!

実際に私も3日間ファスティングに挑戦してみました!

結果からお伝えすると、私の場合は3日間で1.6キロの減量に成功しました( ´ ▽ ` )♪

始めたきっかけは、就職説明会に久しぶりにスーツを着ていかなければいけなかったのですが、数日前に太ってしまったけど大丈夫かな?とスカートを履いてみたこと・・。

案の定、スカートはパツパツ!笑

ファスナーは閉まるものの屈むのも辛いし、タイトスカートがかわいそうになるくらい肉で埋れていました・・。

ファスティングを始める前は正直「3日間なら余裕でしょ♪」と思っていましたが、正直思った以上に空腹と戦っていた期間だったかもしれません。

今となっては事前に食事の量を減らしたりしっかり準備ができていなかったからだと思っています。

2日目が一番辛かったのですが3日目には食事のことなんか忘れて無になっていたので、これからファスティングを始められる方には「辛いのは1日目と2日目だけ!」ということを伝えたいですね。

ファスティングを終えて、見た目の変化でいえば一番変化を感じたのは頬のラインが心なしかシュッとしたように感じました。

頬のラインが引き締まったのはむくみが取れたのだと思いますが、顔のラインが少し変わるだけでも目がぱっちり空いているように見えたり鼻筋が通って見えたりと、全体的な印象も変わります。

しかもパツパツだったスカートもキツさを感じず、ファスティングの効果を感じました♪

そして意外だったのは、肌の調子が良くなったこと!

ファステイングダイエットをするにあたって食事をしないと肌が荒れるのでは?と心配していましたがむしろ逆で毒素が排出されたことと、意識的に睡眠を取ることによって、肌がツルツルピカピカになりました♪

最初の1日2日は空腹と戦っていたこともありましたが、人生のたった3日我慢をするだけで綺麗が手に入るのならファスティングダイエットは気軽で私に向いていたのかもしれません♡

まとめ

ファスティングダイエットは、「辛い」「空腹との戦い」、このようなイメージがあるかもしれません。

しかし、前後の期間で胃腸をならしておけばこのようなストレスはかなり軽減されます♪

しかもファスティングダイエットは痩せるだけではなく、体質改善に繋がり、ファスティングをしていない期間でも痩せやすい身体が作られていきますよ。

筆者も実際に試してみて、思ったよりも苦しくなかったことや、想像以上の効果、達成感を感じることができたのでとっても満足です。

ぜひ、ルールを守りながら、身体を綺麗さっぱりデトックス&スッキリさせてみませんか?♡

30代女性のためのダイエット方法まとめ
【ダイエット方法】30代アラサー女子が実践する無理しない効果的な方法とは
アラサー世代、つまり30代前後になると、体型や体質の変化が気になりますよね。 ダイエットをしても昔のように上手く行かないし、このままじゃ好きなお洋服を好きに着られなくなる! この世代の女性

コメント