Girlwish ガーリッシュ

~ガーリッシュ~
いつまでも『カワイイ』を望む女性のファッション・ビューティー情報メディア。最旬のファッションから気になるトレンド、美容やダイエット等、アラサー女子をもっと輝かせるために。

ライフスタイル

Canon EOS M100の口コミレビュー!実際に撮った感想やセット内容

カメラ女子部

おすすめミラーレス一眼カメラの一つ、Canon EOS M100は30代アラサー女子の間でも評判の機種です。

シンプルな見た目と扱いやすいコンパクトさで、手軽に景色やお子さんを撮影できるのはすごく良いですよね。

軽くて持ち運びが便利なうえ、スマホカメラよりも性能がよく、もっとキレイに撮影を楽しみたい!

と言うママ向けの機種です。

そんなCanon EOS M100ですが、実際に購入し、開封してみました♪

新しいカメラを初めて開けるのってわくわくしますよね♪

早くカメラをセッティングして撮影しに行きたい!

今回は、さっそく購入したてのCanon EOS M100の開封レビューをしていきたいと思います。

さっそくCanon EOS M100を開けてみよう!

カメラ女子部

こちらが、買いたてほかほかのCanon EOS M100!

とてもコンパクトな箱に収められています。

※写真はiphone8で撮っています。

カメラ女子部

いざ、箱を開けてみます!

カメラ女子部

こちらが、中に入っていたものすべて。

  • カメラ本体
  • レンズ2種類
  • ストラップ
  • バッテリー
  • 充電器
  • 取扱説明書
  • 保証書など

今回は標準レンズと22mm単焦点レンズ(EF-M22mm F2 STM)が2つ付いたセットを購入しました。

標準レンズだけでも撮影できますが、単焦点レンズがあれば背景を大きくぼかした写真や明るい写真も簡単に撮ることが出来ます。

EF-M22mm F2 STMは「パンケーキレンズ」という可愛い名前の、薄くて軽いコンパクトなレンズ。

カメラボディに付けてもとっても軽量なので、気軽に歩いてスナップするお散歩カメラにももってこいのレンズです。

最初はズームが出来る標準レンズで撮影することが多いと思いますが、撮影に慣れてくると「もっといろいろな写真を撮ってみたい!」と思い始めるはず。

そんなときにこの単焦点レンズがあると、撮影できる写真の幅がぐっと広がります。

後から単焦点レンズだけ購入するよりもキットで買う方がお値段も安くなるので、最初に購入しておいた方がお買い得です!

Canon EOS M100をネット通販でチェック

Amazonでチェック Yahoo!ショッピングでチェック 楽天市場でチェック

カメラと合わせて買いたいものはこれ!

カメラ女子部

カメラと合わせて、最初に必要なものも購入しました。

  1. 液晶保護フィルム
  2. クロス
  3. SDメモリーカード(32GB) ※撮る際に紙袋から出し忘れました。ごめんなさい(笑)
  4. レンズ保護フィルター
  5. カメラバッグ

1の液晶保護フィルムは、液晶画面は傷つきやすいので貼った方が良いと思います。

2のクロスは、レンズに汚れが付いた時に拭くためにあると便利です!

汚れが付いたまま撮影すると、写真にも汚れが写って邪魔してしまいます。

3のSDメモリーカードは、撮った画像を記録するために必須です。

画像の容量は意外と大きいので、32GB程あれば余裕を持って撮影できると思います。

同じ容量のSDカードでも各メーカーでたくさんの種類が出ていて、値段にかなり差があります。

あまりにも安すぎるメモリーカードは心配になりますが、連写するので高速で写真を記録したい!というわけでなければ、値段が比較的安いSDカードでも大丈夫です。

カメラ女子部

4のレンズ保護フィルターは見落としがちですが、レンズはとても傷つきやすく、ちょっとした衝撃で壊れてしまうと致命傷です。

レンズ保護フィルターを付けておけば、万が一落としてしまったときにもフィルターが傷つくだけでレンズを守ってくれます。

私は過去、手を滑らせてカメラをレンズごと思い切り地面にぶつけてしまったことがありますが、フィルターを付けていたおかげでレンズは無傷でした!

レンズ保護フィルターにもいろいろな種類があり、値段も様々です。

ひとまずレンズに傷をつけないために買うのであれば、低価格なフィルターでも問題ないと思います。

カメラ女子部

5のカメラバッグは、小さなミラーレスカメラが入る大きさ程度のものであれば比較的安価なものもあります。

普段のファッションに合わせやすいカメラバッグを選ぶと、毎日持ち運びやすくなります。

私は普段白やベージュなど淡い色の服装なので、今回は合わせやすく黒×グレーの小さめカメラバッグを選びました。

もっと気軽に持ち歩きたい方は、カメラ保護用の布カバーにカメラを包み、普段使っているカバンに入れて持ち運ぶこともできます。

自分がどうすればカメラを普段から持ち運びやすいかによって選ぶといいですね!

撮影の前にまずは準備をしよう

カメラ女子部

それでは、さっそくカメラをセッティングしていきます。

取扱説明書にも手順が書いてあると思いますが、特に決まりはないので自分がやりやすいことから始めましょう!

ただし、バッテリーの充電はかなり時間がかかり、その間はもちろん撮影ができません

せっかく買ったカメラを早く触ってみたいので、充電はまず最初にしておきましょう!

以下、手順です。

  1. バッテリーを充電器で充電する。
  2. 液晶画面に液晶保護フィルターを貼る。
  3. カメラにストラップを付ける。
  4. レンズに保護フィルターを付ける。
  5. カメラにレンズを装着する。
  6. バッテリーの充電が完了したら、カメラ本体にバッテリーを入れる。
  7. SDメモリーカードを入れる。
  8. カメラの充電を入れ、言語や時刻の設定をする。
  9. 撮影準備OK!

2の液晶保護フィルムは、空気を入れないように貼るのが難しいですよね。

カメラを購入した際に店員さんが貼ってくれるお店もあるので、苦手な方はお願いしてみてもいいかもしれません!

3のストラップは、私は未だに付け方が理解できないので、唯一取扱説明書を読みながら付けます。

カメラ女子部

注意してほしいのが、5のカメラにレンズを装着するところ。

カメラの本体キャップを外すとカメラ内部が丸見え状態になりますが、この状態で長く放置するとカメラ内部に細かい塵やゴミが入ってしまいます

これを防ぐため、必ずレンズ交換の際はカメラ本体を下に向け、レンズの装着位置を確認してからすばやくレンズを装着するようにしましょう。

Canon EOS M100の撮影準備が整いました!

カメラ女子部

これで撮影準備が整いました!

片手にすっぽりと収まる小ささ。見た目もとてもかわいいです!

Canon EOS M100はボディカラーがホワイト・ベージュ・ブラックの3色ありますが、やはりホワイトが可愛かったのでこちらにしました。

白シャツに黒リュックでブラックボディのEOS M100を首から下げている方を見かけたことがありますが、そちらもシンプルでかっこよかったです♪

カメラ女子部

こちらは、22mm単焦点レンズを付けて横から見た状態です。

標準ズームレンズもあまりかさばらないレンズですが、こちらの22mm単焦点レンズだとさらにコンパクトに。

街歩き時のお散歩スナップ撮影にもってこいのレンズですね!

Canon EOS M100をネット通販でチェック

Amazonでチェック Yahoo!ショッピングでチェック 楽天市場でチェック

女子にオススメのCanon EOS M100で撮ってみた感想と実写レビュー!

カメラ女子部

実際に撮影してみると、カメラ初心者の方にも2台目カメラを探している方にもぴったりの、とても使いやすいカメラだと感じました。

こんなに素敵なCanon EOS M100を、もっとカメラ女子の皆さんにおすすめしたい!

今回は、実際にCanon EOS M100を使って初めて撮影してみた感想と、撮影例の写真をご紹介したいと思います。

撮影時のちょっとしたコツも合わせて書いているので、Canon EOS M100の使用感の参考にしてみてくださいね。

カフェでお洒落に撮影してみました!

カメラ女子部

まずは、カフェで試し撮りをしてみました。

自然光が入るよう、窓際のカウンター席に座ります。

カメラで撮ることを考えて、カフェや飲食店でもいつも窓際の席を必死で確保してしまいます(笑)

背景がきれいにボケて、お洒落な雰囲気が出せました!

ドリンクの撮影も簡単にできる!

カメラ女子部

背景はぼかしたいけれど、生クリームやキャラメルソースの質感は出したい!

絞り値をF7.1~F8.0まで絞ると、背景を程よくぼかしつつ、クリームの質感はくっきりとした写真になります。

どれくらいの絞り値にすれば程よいか、最初はわからないですよね。

コツをつかむには、とにかく何枚も撮ってみること

Canon EOS M100は画面をタッチすれば絞り値の調整も簡単に行えるので、練習と思って何枚も撮ってみてくださいね。

音を立てたくない場所でも静かに撮影できる!

カメラ女子部

カフェで「ピピッ」「カシャッ」と大きなカメラ音をたてるのは、ちょっと気が引けますよね。

Canon EOS M100は、半押ししたときの「ピピッ」という音を消すことが出来ます

※メニュー→設定→電子音→切を選びます。

シャッター音もあまり大きくないので、静かなカフェでも人目を気にせずに撮影できて便利です。

おうちで愛犬を撮ってみました!

カメラ女子部

バナナとバナナを狙う愛犬のコントラスト。

Canon EOS M100は小さくて軽いので、片手にバナナを持ったままでも簡単に撮影できました。

自然光を上手に入れて撮ろう!

カメラ女子部

窓のカーテンで遊んでいたところを撮りました。

室内は意外と光が入らず暗くなりがちですが、窓の近くなら明るく撮影できます。

レースのカーテン越しに光が入っているので、ふんわりとした雰囲気にできました。

愛犬の毛並みもきれいに描写!

カメラ女子部

毛並みが一本一本きれいに描写されています。

手のひらに収まるくらいコンパクトサイズなカメラなのに、この描写力は感動です!

スマートフォンのように手軽に使えて、一眼レフカメラにも劣らない綺麗な写真を撮影することが出来ます。

気軽に何でも撮ってしまうカメラ!

カメラ女子部

とにかく操作が簡単で、驚くほど綺麗な写真が撮れるCanon EOS M100。

撮れた画像を確認するたびに、その出来栄えにハッとさせられるんです。

まるで自分の撮影技術が上がったように感じてしまうくらい、何を撮ってもちょっとした作品のように撮れるので、気軽に目の前の風景を撮りたくなります。

上の写真は、食べていたミントチョコレート。

カメラ女子部

ただのTVリモコンも、なんだか絵になっています。

カメラ女子部

青空の色も綺麗に、雲の様子もしっかりと写っています。

普段なら気に留めなかった風景も、きれいに撮れるカメラを持っていると「何か撮るものはないか?」って探して歩くようになりますね。

実際に使ってみての感想まとめ

操作がとても簡単で、一眼レフカメラにも引けを取らない性能を持つCanon EOS M100

これからカメラ撮影を始めたい方には、とてもおすすめのミラーレス一眼カメラです!

すでに一眼レフカメラを持って撮影している方も、日常の何気ない風景を高画質で撮ることができるサブカメラとして、一台あるととても便利だと思います。

ぜひCanon EOS M100で、毎日の素敵な風景を手軽に記録してみてはいかがでしょうか?

Canon EOS M100をネット通販でチェック

Amazonでチェック Yahoo!ショッピングでチェック 楽天市場でチェック

1か月間Canon EOS M100を使って撮影してみた感想

手軽でコンパクト、女性におすすめのミラーレスカメラ・Canon EOS M100を購入し、撮影に使用し始めてから一か月が経ちました。

これまで実際に使ってみて、Canon EOS M100のとても使いやすいところ、もっとこうだったらいいなと思うところがわかってきました。

今回は、Canon EOS M100を一か月使って撮影してみた感想をお届けしたいと思います!

どこでも気軽に取り出して撮影できるコンパクトさ!

カメラ女子部

Canon EOS M100を使い始めてまず一番最初に感じたのが、「なんて気軽に持ち歩けるカメラなんだろう…!」ということでした。

私は今までCanon EOS 7Dという本格一眼レフカメラや、OLYMPUSなど他社のミラーレス一眼カメラも使用していたことがあります。

大きくて重い一眼レフカメラと比べればなおさらですが、他社ミラーレス一眼カメラと比較してもCanon EOS M100の持ち運びやすさは抜群です。

カメラ女子部

カメラボディも手にすっぽりと収まる小ささ、EF-M 22mm F2 STMの単焦点パンケーキレンズなら、レンズ装着後もとてもコンパクト。

これまで大きなカメラを使用していた時は、重いし荷物になるので外出の際はつい持ち歩かなくなってしまっていたのですが、Canon EOS M100を使い始めてからはいつも気軽にカメラを持って出かけるようになりました!

カメラ女子部

家の中で「あ、今これ写真に撮りたいな」と思っても、重たいカメラをカバンから出してくる気になれず、ついスマートフォンで撮って済ませてしまうことがありませんか?

Canon EOS M100なら小さいので、いつも机の上に置いておいて撮りたいときにサッと撮ることが出来るようになりました。

InstagramなどのSNSに投稿するのは日常の何気ない写真がほとんどなので、ミラーレス一眼カメラの高画質な写真でアップすることが出来るのはうれしいですよね。

タッチでピント合わせが簡単!

カメラ女子部

Canon EOS M100は、撮影時の操作がとても簡単なところも驚きでした。

これまで使用していた一眼レフカメラであれば、被写体にピントを合わせてからカメラを動かして構図を変えたり(フォーカスロックと言います)、ファインダーを覗きながら操作してピント位置を変更したりと、ピントを合わせるのに少し難しい操作が必要でした。

Canon EOS M100なら、液晶を見ながらピントを合わせたいところに指先でタッチするだけで、難しいピント合わせも簡単に行えます。

タッチシャッター機能を使えば、そのまま指先でシャッターを切ることも可能。

スマートフォンのように指先タッチで撮影までできるのは、とても便利です。

撮影した写真が綺麗すぎる!

カメラ女子部

こんなに小さくて可愛らしいカメラなので、実は撮影できる画像にはそれほどの画質を期待していなかったのが正直なところでした。

でも、Canon EOS M100で実際に撮影してみると、スマートフォンで撮るのとは比べ物にならない、本格的な一眼レフカメラにも引けをとらないくらいの高画質な写真を撮ることが出来たんです。

カメラ女子部

それもそのはず、Canon EOS M100に搭載されているカメラセンサーは約2420万画素APS-CサイズCMOSセンサーというもので、これは一眼レフカメラに用いられるセンサーと同じサイズなんです。

可愛らしい小さなボディの中に一眼レフカメラと変わらない性能や描写力が詰め込まれた、美味しいとこ取りのミラーレス一眼カメラです。

no image
ロゴT ピエロ

続きを見る

Wi-Fiでの転送が便利!

カメラ女子部

撮った写真をすぐにSNSにアップしたりLINEで友達に送ったりしたいときは、やはりWi-Fiでスマートフォンに転送できる機能が便利でした。

カメラ女子部

カメラ女子部

専用アプリCamera Connectをダウンロードし、カメラ本体と接続設定をします。

カメラ女子部

液晶画面横にあるWi-Fi転送ボタンを押せば、カメラから一枚ずつ画像を選んで送ることも、スマートフォンを操作して欲しい画像だけ転送することも可能です。

最近はWi-Fiで画像を転送できる機能が付いたカメラも増えてきましたが、転送するための操作が難しかったり接続がうまくいかなかったりすることもあります。

Canon EOS M100のWi-Fi画像転送はアプリとボタン一つですぐに接続・転送できてとても簡単。

ミラーレス一眼カメラで撮った高画質な写真をすぐに友達に送ることが出来ると、とっても喜んでもらえます!

Canon EOS M100の短所って?

カメラ女子部

良いことづくめのCanon EOS M100ですが、しいて気になるところを挙げるとするなら以下の3つです。

  1. ペットなど動くものを撮影する場合は、ブレやすい。
  2. マニュアルモードで撮影時にはクリエイティブアシストが使えない。
  3. シャッター音はサイレントにできない。

①薄暗い室内でペットを撮影する際は、少しブレやすくなりました。

上の愛犬の写真も、せっかくの可愛い表情ですが動きが速くてブレてしまっていますよね。

シャッタースピードを上げて撮影するなど、撮影方法をもっと工夫する必要がありそうです。

②私は普段マニュアルモードで撮影しているのですが、写真の色味やコントラストなどを簡単に決められるクリエイティブアシスト機能は、オートモードでしか使えません。

マニュアルモードで絞り値やシャッタースピードを自分で決めながら、クリエイティブアシストで色味やコントラスト、鮮やかさなどの効果も調整できればさらに思い通りの写真が作れそうなので、惜しいところですね。

③カフェなど静かな場所での撮影や、眠っているペットの写真を撮りたいときには「ピッ」という半押しの電子音を消すことが出来ますが、「カシャッ」というシャッター音は消すことが出来ません

せっかくならこのシャッター音も消すことが出来れば、さらに目立たずに撮影できるのになと思いました。

まとめ

カメラ女子部

Canon EOS M100を購入してから、お出掛けするときにカメラを持って行くことが増えました。

とてもコンパクトなのに高画質な写真が撮影できるので、以前よりも食べたものや見たものをカメラで気軽に撮るようになりました。

日常の何気ない風景を最高に綺麗に写してくれる、Canon EOS M100。

もはや毎日の記録に欠かせない、お気に入りの相棒カメラになりました。

見た目もかわいくて綺麗に撮れるカメラがある生活は、とっても楽しいですよ!

ぜひ、皆さんもCanon EOS M100で楽しいカメラライフを送ってみてはいかがでしょうか?

Canon EOS M100をネット通販でチェック

Amazonでチェック Yahoo!ショッピングでチェック 楽天市場でチェック
  • この記事を書いた人
Hana

Hana

Webライターでカメラが趣味。記念撮影のお仕事の経験あり、一眼レフからミラーレスカメラまで、幅広く扱えます。

-ライフスタイル
-

Copyright© Girlwish , 2020 All Rights Reserved.