これは痛い!ダサいと思われる30代女性のファッションと改善コーデまとめ

30代女性の痛いファッション例 着こなし術

若いときは何でも着れますが、30代にもなると「上品さ」「知的」「落ち着いた印象」などが求められてくることでしょう。

若作りとまではいかなくても、20代のまま自分の好きな洋服を着ていると、もしかすると周りから「痛い」と思われているかもしれません。

もし当てはまっていたら要注意かも…。

30代女性の痛いファッション例

シンプルなファッションが多くなる30代ファッションだけに、カラーチョイスや柄物、トレンドアイテムの使い方次第では痛いファッションになる可能性も。

周りの人や、パートナーの男性から『ダサい』って思われたくないですよね。

今回は実際にこんな組み合わせは良くない!

こんなコーディネートはやめた方が無難!

と言う例を、スタッフが実際に着てみました^^

肌見せ範囲が広い

30代女性の痛いファッション例

やはり、肌見せのバランスはどんな世代にもつきものです。

見せる場所や比率によっては、ギャルっぽく見えたり、品のない着こなしになってしまいます。

トップスを肩開きやシースルーにするのであればロング丈のボトムスと。

ショート丈のボトムスと合わせるのであれば、長袖やロング丈の羽織など肌の見えるバランスを考える必要があります。

改善コーディネート1:ブラウス活用コーデ

肌見せの重点をトップスに持ってくる場合はロング丈のボトムスがベスト。

スキニーパンツでもすっきりとしていいですが、今期は程よくゆるっとしたチェックワイドパンツを合わせると尚良いでしょう。

靴は詰まったブーツ系より、パンスプやバレーシューズなどチョイスするとスッキリします^^

改善コーディネート2:スカート活用コーデ

重点をボトムスにおくとスッキリするので、トップスはざっくりニットでバランスをとりましょう。

より品をよく見せるのであれば、ストッキングよりタイツや長めのブーツで合わせると大人女子コーデになります。

脚の形がわかるスキニーパンツが世代不問で使えるのと同様に、ミニスカートを使ったとしても、お肌の露出を控えめにすることで世代相応のファッションにミニスカートを取り入れることができます。

カラー物、柄物混ぜすぎ

30代女性の痛いファッション例

今年はカラー物、柄物が多いので特に注意が必要です。

トップスにマスタードカラーを使っているのに鞄をグリーンにしてしまう。

レースのスカートを履いているのにトップスが花柄ブラウスなどゴチャゴチャしてしまいます。

同系色で揃えるワントーンコーデや同じ柄の羽織とボトムスでセットアップなどオシャレに組み合わせると良いでしょう。

改善コーディネート1:カラートーンを変える

鮮やかなカラー同士のアイテムを組み合わせると喧嘩してしまうので、どちらかのカラートーンを落としてあげるだけで印象はガラッと変わります。

メインをグリーンのスウェットにし、イエロースカートの色味をすくませて、更に質感をコーデュロイにするとマットになりバランスがとれます。

改善コーディネート2:中間色をプラス

メインカラーになるアイテム以外はネイビーやホワイト、ブラックなどの中間色で統一することで、派手になりすぎずにまとまります。

大人女子らしいカラーコーディネートを楽しみたい方にはおすすめです。

トレンド取りすぎ

30代女性の痛いファッション例

外に出かけるとなれば、少しでも「オシャレな人だな」、「トレンド感のあるファッションだな」と思われたいと誰もが感じていると思います。

しかし、だからと言って何でもかんでもトレンドをたくさん入れたらオシャレということでもないのです。

あまりにも入れすぎると、トレンドの情報量が多すぎて、逆にまとまりがなく見えます。

トレンド要素は多くても2個か3個ほどに抑えてあげると良いと思います。

改善コーディネート1:大人な着こなしに

チェックジャケット、パーカー、ボディバッグ、デニムスカート、ハイカットスニーカー…

まずはどのトレンドアイテムを主体にしたいかを決めましょう。

あとはバランスを調節して、スッキリとしたきれい目なアイテムを組み合わせていきましょう。

ボディバッグは短く斜め掛けにするとかなり若者感が出てしまうので、肩掛けくらいでもちょうどいいと思います^^

ラブリーすぎる

30代女性の痛いファッション例

女性にとって、痛いファッションだなと思う代表的なものかもしれません。

かわいらしい10代の女の子がするのであれば可愛いことでしょう。

ですが、30代でいたるところに可愛らしい要素やフリルアイテムを取り入れたりすると一気に痛さが増してしまいます。

ガーリーなお洋服が好きな30代女性には辛いお話ではありますが、普段使いには適していないです。

改善コーディネート1:花柄シャツワンピで女性らしさをプラス

大人女子に必須アイテムのシャツワンピース。

花柄でも落ち着いたカラーバリエーションにするだけで、ほんの少しフェミニンさをプラスすることができます。

まだまだ可愛いコーディネートを楽しみたいという方にオススメです。

まだちょっと甘い気がする…って思うなら、カジュアルなデニムジャケットを羽織るとバランスを整えることができますよ。

極端なミニスカート

30代女性の痛いファッション例

ミニスカートは女子にとってはいつまでも履いていたいアイテムですが、年齢を重ねていくうちにそうは言ってられなくなってきます。

若い頃はなんでも着れますが、大人になるにつれて「品の良さ」も求められてきます。

極端に短すぎるとギャルっぽくも見えます。

大人の女性が履くと場合は、長めの羽織を着るやタイツを履くなどの対策が必要です。

改善コーディネート1:短いスカートにはタイツorニーハイブーツ

かなり短いスカートを履くときは、足の見せる割合に気を付けたいものです。

生足はもちろんのこと、ストッキングのみは3短すぎるスカートだとNGでしょう…

必ずタイツかニーハイブーツで足を見せる割合を減らしましょう。

ギャルっぽい印象のニーハイブーツですが、ロングブーツを使うくらいならニーハイブーツの方が意外と大人っぽく仕上がります。

改善コーディネート2:スカートの丈感に注意

スカートの丈感にも注意が必要です。

履くのであれば膝上5cm 程が短すぎないベストな丈感です。

こちらはニーハイブーツは逆に露出が少なすぎてバランスが悪くなってしまいます。

ミドルブーツやソックスもコーディネートに活用していきましょう。

安っぽく見えすぎる

ここ数年、学生からママさんまで幅広い年代から人気なのがプチプラコーデです。

いかに安くて可愛いアイテムを、オシャレに着こなすかがポイントですが、組み合わせ次第では安っぽさが際立ってしまうこともあります。

特に大人女子は、全体のバランスを見ながらプチプラアイテムを取り入れていきましょう。

改善コーディネート1:バランスの良い配色

見た目にも安っぽいアイテムを使うよりも、どこか一つにブランド服を使ってみるのも一つの手。

シルバーをアクセントに取り入れるとグッと高見えします。

トレンドはデザインで取り入れるよりも、ニュアンスで取り入れるのが無難です。

ほんのりプラスするような感覚でもOKなんです。

改善コーディネート2:トレンドをさり気なく

トレンド感あるアイテムは、入れすぎるとアラサーっぽくならない傾向がありますが、ワンポイントで取り入れるならOK。

旬のデザインや柄を一つ取り入れるだけでガラリと印象が変わります。

安っぽく見えがちなアイテムは、プチプラ服だけではありません。

アイテムの見た目そのものに影響されるため、ブランド服なのに安っぽく見える現象は起こり得ます。

適度に小物を取り入れて、安っぽさを打ち消すようなスタイリングを目指してみて。

キャラクター物

最近、キャラクターとのコラボアイテムなどよく見かけるようになりましたね。

カバンなどの小物アイテムの他にも、Tシャツやパーカーなどの洋服アイテムも増えています。

しかし、好きなキャラクターだからといって、ドデカくプリントされた服を着てしまうと、やや痛い視線が送られてしまうかも知れません…

出先でキャラアイテムを使うのであれば、ハンカチなどの小物だけにとどめ、Tシャツなどのお洋服は部屋着で楽しむのが無難かもしれません。

わかりやすい「その場コーデ」

30代女性の痛いファッション例

恐らく誰しもが経験したことがあると思われるのが、急いでいる時にやりがちな、その場にある即席コーデ。

私もやってしまいますが、Tシャツにパーカー、デニム、もしすっぴんであればマスクとキャップもつけてしまいます。

よく見かけますしやりがちですが、我ながら余裕が無いなと思ってしまいます。

大人の女性たるもの、時間に余裕を持って行動し、洋服は前日決めるなどした方が良いですね。

改善コーディネート1:さり気なく旬をプラス

30代女性の痛いファッション例

配色は同じでも、適度にゆったり、でもだらしなく見えないような着こなしに。

どれも中途半端ではなく、都会的な大人ストリートな着こなしにアレンジするだけでオシャレ度がグッと高まります。

トレンドはニュアンスで。

定番のスキニーデニムやパーカーよりも、オーバーサイズのトップスとストレートデニムを合わせた方がその場感が出ないのに楽に着こなせちゃいます。

あまりにもルーズすぎる

30代女性の痛いファッション例

今季人気なのがゆるっとしたシルエットが可愛い、オーバーサイズアイテムです。

しかし、こちらもトレンドだからといってトップスもボトムスもオーバーサイズになってしまうと、野暮ったく見えたり場合によってはだらしなく見えてしまうかもしれません。

コーディネートのバランスを見て、綺麗めアイテムと混ぜてメリハリをつけると女性らしいゆるっとコーデを楽しむことができます。

改善コーディネート1:コーデテクニックを使って

大人ファッションは、メリハリが大切。

ただゆるっとするだけじゃなく、締めるところはしっかり締めて、スタイルアップを心がけるのがポイント。

抜け感やこなれ感を意識した着こなしを目指してみて。

このコーディネートの場合は、襟を抜いてさり気なくトレンドをプラスしています。

ショート丈のアウターを着用することで、フロントシルエットにメリハリが生まれます。

改善コーディネート2:メリハリある着こなしに

トップスにオーバーサイズを持ってくるなら、ボトムスはタイトに。

大人のきちんと感あるファッションにはメリハリが重要なポイントになります。

体型カバーでも美脚やスタイルアップを意識すると上手く行くはず!

全身ゆったりさせると体型カバーがカンペキ!って思うかも知れませんが、実はただだらしなく見えるだけになることも。

オーバーサイズ×オーバーサイズで行くなら、フロントインやウエストマークを意識した着こなしでメリハリを出して着こなすのがポイントです。

まとめ

痛いファッションって、意識していれば気が付くのですが、客観的に見てくれないとなかなか気が付かないケースも多々あります。

今回のコーディネートの中には、ついついやってしまいがちな事もあると思います…

自分では気づかないうちに、周りから痛い視線が送られているかもしれません。

今後の洋服選びの参考にしてみてください。

30代女性がオシャレになれる、プチプラファッション通販サイト
30代・アラサー女性に人気のプチプラファッション通販ブランド
大人っぽくて可愛らしい。そんなアラサー女子になりたい! 20代後半~30代前半の、いわゆる『アラサー世代』の女性は、どちらも両立させたファッションスタイルを確立しています。 いわゆる『シン

コメント