これは痛い!ダサいと思われる30代女性のファッションと改善コーデまとめ

30代女性の痛いファッション例 着こなし術

若いときは何でも着れますが、30代にもなると「上品さ」「知的」「落ち着いた印象」などが求められてくることでしょう。

若作りとまではいかなくても、20代のまま自分の好きな洋服を着ていると、もしかすると周りから「痛い」と思われているかもしれません。

もし当てはまっていたら要注意かも…。

スポンサーリンク
  1. アラサーになると急にオシャレに困るのは何故?
  2. これは厳しい!アラサー女子がすると痛いファッション
  3. 30代女性の痛いファッション例と改善コーデ
    1. 肌見せ範囲が広い
    2. 改善コーディネート1:ブラウス活用コーデ
    3. 改善コーディネート2:スカート活用コーデ
  4. カラー物、柄物混ぜすぎ
    1. 改善コーディネート1:カラートーンを変える
    2. 改善コーディネート2:中間色をプラス
  5. トレンド取りすぎ
    1. 改善コーディネート1:大人な着こなしに
  6. ラブリーすぎる
    1. 改善コーディネート1:花柄シャツワンピで女性らしさをプラス
  7. 極端なミニスカート
    1. ふんわりチュールのミニスカート
    2. 改善コーディネート1:短いスカートにはタイツorニーハイブーツ
    3. 改善コーディネート2:スカートの丈感に注意
  8. 安っぽく見えすぎる
    1. 改善コーディネート1:バランスの良い配色
    2. 改善コーディネート2:トレンドをさり気なく
  9. キャラクター物
  10. わかりやすい「その場コーデ」
    1. 改善コーディネート1:さり気なく旬をプラス
  11. あまりにもルーズすぎる
    1. サイズが合っていないコーデ
    2. 改善コーディネート1:コーデテクニックを使って
    3. 改善コーディネート2:メリハリある着こなしに
  12. どこまでOK?30代アラサー女子のファッション境界線
    1. 甘いチュールスカートを大人可愛く着こなす方法
    2. 甘めアイテム×辛口MA-1の甘辛バランスコーデ術
    3. 30代アラサー女性のミニスカートコーデ術
    4. 同じデザインでも世代相応に見せるアイテム選び
    5. こなれ感を取り入れる30代アラサー女性のコーデ術
    6. 抜け感を取り入れる30代アラサー女性のコーデ術
  13. 素敵に見えるコーディネートでアラサー・30代をもっと楽しもう♡
  14. まとめ

アラサーになると急にオシャレに困るのは何故?

痛い女のボーダーライン!30代・アラサー女子が陥りやすいファションコーデ

アラサーになると、急に今までの服が似合わなくなるのはあるあるネタですが、実際何で?と言われるとよくわからなかったりしますよね。

原因は色々ですが、大きな部分でいうとライフスタイルの変化。

30代・アラサーは、結婚や昇進などプライベートでも仕事でもライフスタイルに変化が生じやすい時期。

また、自分だけではなく、友達や周りからの影響もあります。

TPOに合わせた装いも重要になってくる年齢だったり。

30代女性の通勤服におすすめファッションブランドとコーデ術

そして、年齢を意識し始めることで、ふと頭に浮かぶ「年相応」の3文字。

これがファッションに及ぶと、何を着ればいいかわからない…。

に繋がっていくんです。

また、年齢を嫌でも意識させられるアラサーという言葉。

意識し始めることで客観的に自分を見るようになるのも大きなPOINT。

今まではトレンド一直線、好きなものを好きなように着ていたのが、体型や自分の雰囲気、顔映り、周りの目。

これまでとは少し違った見方になるのも、アラサーの特徴であり悩みを生み出すきっかけにもなります。

乾燥肌や敏感肌ってどんな状態?原因と対策

更に追い打ちをかけるのがお肌の変化。

肌のくすみ、しみ、しわ。

今まで気付かなかった、ちょっとした変化に気付き始めるのもこの頃なんです><

こんなだった?

と、アラサーになってからのお肌の変化に、ショックを受けた方も多いはず。

そのお肌の状態も、今まで着ていたお洋服が似合わなくなった…。

に拍車をかけます。

ただ、お肌に関しては、服のカラーでカバーすることが可能です♡

これは厳しい!アラサー女子がすると痛いファッション

正直、好きなら何を着たっていいじゃない!

と思いますが、アラサーになるとやっぱり気になっちゃうんですよね…。

周りの目。

痛い女って思われたくないし、そんな女子になりたくない!

これがアラサー女子の本音です。

じゃあ、痛いファッションってどんなの?

痛いファッションの定義ってあるの?

と疑問や自分のファッションが大丈夫か心配になると思いますが、定義を挙げるとするなら、幼く見えるファッションや、甘すぎるファッション、安っぽく見えるファッションです。

若作りになってしまうと、途端に頑張ってます感が出てしまい逆効果になるので気を付けたいところ。

そんなつもりはなくても、そう捉えられてしまうのがアラサー世代なんです><

どんなに童顔な顔立ちの方であっても、30代・アラサーになると若者のそれとは異なってきます。

肌質や肉付きの変化、また人生の経験値の差なども表情や立ち居振舞い、纏う雰囲気に現れてくるので、そんな中で服だけ若さを取り入れても浮いて見えるのは避けられない現象です。

このちぐはぐ感が、痛いに繋がっているんです!

30代女性の痛いファッション例と改善コーデ

シンプルなファッションが多くなる30代ファッションだけに、カラーチョイスや柄物、トレンドアイテムの使い方次第では痛いファッションになる可能性も。

周りの人や、パートナーの男性から『ダサい』って思われたくないですよね。

今回は実際にこんな組み合わせは良くない!

こんなコーディネートはやめた方が無難!

と言う例を、スタッフが実際に着てみました^^

肌見せ範囲が広い

30代女性の痛いファッション例

やはり、肌見せのバランスはどんな世代にもつきものです。

見せる場所や比率によっては、ギャルっぽく見えたり、品のない着こなしになってしまいます。

トップスを肩開きやシースルーにするのであればロング丈のボトムスと。

ショート丈のボトムスと合わせるのであれば、長袖やロング丈の羽織など肌の見えるバランスを考える必要があります。

改善コーディネート1:ブラウス活用コーデ

肌見せの重点をトップスに持ってくる場合はロング丈のボトムスがベスト。

スキニーパンツでもすっきりとしていいですが、今期は程よくゆるっとしたチェックワイドパンツを合わせると尚良いでしょう。

靴は詰まったブーツ系より、パンスプやバレーシューズなどチョイスするとスッキリします^^

改善コーディネート2:スカート活用コーデ

重点をボトムスにおくとスッキリするので、トップスはざっくりニットでバランスをとりましょう。

より品をよく見せるのであれば、ストッキングよりタイツや長めのブーツで合わせると大人女子コーデになります。

脚の形がわかるスキニーパンツが世代不問で使えるのと同様に、ミニスカートを使ったとしても、お肌の露出を控えめにすることで世代相応のファッションにミニスカートを取り入れることができます。

カラー物、柄物混ぜすぎ

30代女性の痛いファッション例

今年はカラー物、柄物が多いので特に注意が必要です。

トップスにマスタードカラーを使っているのに鞄をグリーンにしてしまう。

レースのスカートを履いているのにトップスが花柄ブラウスなどゴチャゴチャしてしまいます。

同系色で揃えるワントーンコーデや同じ柄の羽織とボトムスでセットアップなどオシャレに組み合わせると良いでしょう。

改善コーディネート1:カラートーンを変える

鮮やかなカラー同士のアイテムを組み合わせると喧嘩してしまうので、どちらかのカラートーンを落としてあげるだけで印象はガラッと変わります。

メインをグリーンのスウェットにし、イエロースカートの色味をすくませて、更に質感をコーデュロイにするとマットになりバランスがとれます。

改善コーディネート2:中間色をプラス

メインカラーになるアイテム以外はネイビーやホワイト、ブラックなどの中間色で統一することで、派手になりすぎずにまとまります。

大人女子らしいカラーコーディネートを楽しみたい方にはおすすめです。

こちらも参考に♪

30代女性が取り入れたい色の組み合わせ・カラーコーデ術まとめ

トレンド取りすぎ

30代女性の痛いファッション例

外に出かけるとなれば、少しでも「オシャレな人だな」、「トレンド感のあるファッションだな」と思われたいと誰もが感じていると思います。

しかし、だからと言って何でもかんでもトレンドをたくさん入れたらオシャレということでもないのです。

あまりにも入れすぎると、トレンドの情報量が多すぎて、逆にまとまりがなく見えます。

トレンド要素は多くても2個か3個ほどに抑えてあげると良いと思います。

改善コーディネート1:大人な着こなしに

チェックジャケット、パーカー、ボディバッグ、デニムスカート、ハイカットスニーカー…

まずはどのトレンドアイテムを主体にしたいかを決めましょう。

あとはバランスを調節して、スッキリとしたきれい目なアイテムを組み合わせていきましょう。

ボディバッグは短く斜め掛けにするとかなり若者感が出てしまうので、肩掛けくらいでもちょうどいいと思います^^

ラブリーすぎる

30代女性の痛いファッション例

女性にとって、痛いファッションだなと思う代表的なものかもしれません。

かわいらしい10代の女の子がするのであれば可愛いことでしょう。

ですが、30代でいたるところに可愛らしい要素やフリルアイテムを取り入れたりすると一気に痛さが増してしまいます。

ガーリーなお洋服が好きな30代女性には辛いお話ではありますが、普段使いには適していないです。

改善コーディネート1:花柄シャツワンピで女性らしさをプラス

大人女子に必須アイテムのシャツワンピース。

花柄でも落ち着いたカラーバリエーションにするだけで、ほんの少しフェミニンさをプラスすることができます。

まだまだ可愛いコーディネートを楽しみたいという方にオススメです。

まだちょっと甘い気がする…って思うなら、カジュアルなデニムジャケットを羽織るとバランスを整えることができますよ。

極端なミニスカート

30代女性の痛いファッション例

ミニスカートは女子にとってはいつまでも履いていたいアイテムですが、年齢を重ねていくうちにそうは言ってられなくなってきます。

若い頃はなんでも着れますが、大人になるにつれて「品の良さ」も求められてきます。

極端に短すぎるとギャルっぽくも見えます。

大人の女性が履くと場合は、長めの羽織を着るやタイツを履くなどの対策が必要です。

ふんわりチュールのミニスカート

30代・アラサー女子のファッションボーダーライン

膝上のチュールスカートは可愛いですが、アラサー・30代女子が履くと甘くなりすぎます。

過度な甘さは、ちぐはぐ感を強調するので、気を付けないといけないPOINT。

また、膝はお手入れをしないとたるんでくるので年齢が出やすく、それもまたミニスカートが痛いコーデに見える原因だったりします。

チュールスカートを履くなら、丈は膝下、ミモレやロングをチョイス!

ロング丈は、甘さを中和してくれるのでオススメです。

ミニかロングか、この選択が大人可愛いと痛いファッションの境目。

改善コーディネート1:短いスカートにはタイツorニーハイブーツ

かなり短いスカートを履くときは、足の見せる割合に気を付けたいものです。

生足はもちろんのこと、ストッキングのみは3短すぎるスカートだとNGでしょう…

必ずタイツかニーハイブーツで足を見せる割合を減らしましょう。

ギャルっぽい印象のニーハイブーツですが、ロングブーツを使うくらいならニーハイブーツの方が意外と大人っぽく仕上がります。

改善コーディネート2:スカートの丈感に注意

スカートの丈感にも注意が必要です。

履くのであれば膝上5cm 程が短すぎないベストな丈感です。

こちらはニーハイブーツは逆に露出が少なすぎてバランスが悪くなってしまいます。

ミドルブーツやソックスもコーディネートに活用していきましょう。

こちらも参考に♪

30代女性のためのミニスカートコーディネートまとめ

安っぽく見えすぎる

ここ数年、学生からママさんまで幅広い年代から人気なのがプチプラコーデです。

いかに安くて可愛いアイテムを、オシャレに着こなすかがポイントですが、組み合わせ次第では安っぽさが際立ってしまうこともあります。

特に大人女子は、全体のバランスを見ながらプチプラアイテムを取り入れていきましょう。

改善コーディネート1:バランスの良い配色

見た目にも安っぽいアイテムを使うよりも、どこか一つにブランド服を使ってみるのも一つの手。

シルバーをアクセントに取り入れるとグッと高見えします。

トレンドはデザインで取り入れるよりも、ニュアンスで取り入れるのが無難です。

ほんのりプラスするような感覚でもOKなんです。

改善コーディネート2:トレンドをさり気なく

トレンド感あるアイテムは、入れすぎるとアラサーっぽくならない傾向がありますが、ワンポイントで取り入れるならOK。

旬のデザインや柄を一つ取り入れるだけでガラリと印象が変わります。

安っぽく見えがちなアイテムは、プチプラ服だけではありません。

アイテムの見た目そのものに影響されるため、ブランド服なのに安っぽく見える現象は起こり得ます。

適度に小物を取り入れて、安っぽさを打ち消すようなスタイリングを目指してみて。

キャラクター物

アンダー155㎝必見♡小柄女子の着こなし方&選び方 カットソー編

最近、キャラクターとのコラボアイテムなどよく見かけるようになりましたね。

カバンなどの小物アイテムの他にも、Tシャツやパーカーなどの洋服アイテムも増えています。

しかし、好きなキャラクターだからといって、ドデカくプリントされた服を着てしまうと、やや痛い視線が送られてしまうかも知れません…

出先でキャラアイテムを使うのであれば、ハンカチなどの小物だけにとどめ、Tシャツなどのお洋服は部屋着で楽しむのが無難です。

わかりやすい「その場コーデ」

30代女性の痛いファッション例

恐らく誰しもが経験したことがあると思われるのが、急いでいる時にやりがちな、その場にある即席コーデ。

私もやってしまいますが、Tシャツにパーカー、デニム、もしすっぴんであればマスクとキャップもつけてしまいます。

よく見かけますしやりがちですが、我ながら余裕が無いなと思ってしまいます。

大人の女性たるもの、時間に余裕を持って行動し、洋服は前日決めるなどした方が良いですね。

改善コーディネート1:さり気なく旬をプラス

30代女性の痛いファッション例

配色は同じでも、適度にゆったり、でもだらしなく見えないような着こなしに。

どれも中途半端ではなく、都会的な大人ストリートな着こなしにアレンジするだけでオシャレ度がグッと高まります。

トレンドはニュアンスで。

定番のスキニーデニムやパーカーよりも、オーバーサイズのトップスとストレートデニムを合わせた方がその場感が出ないのに楽に着こなせちゃいます。

あまりにもルーズすぎる

30代女性の痛いファッション例

今季人気なのがゆるっとしたシルエットが可愛い、オーバーサイズアイテムです。

しかし、こちらもトレンドだからといってトップスもボトムスもオーバーサイズになってしまうと、野暮ったく見えたり場合によってはだらしなく見えてしまうかもしれません。

コーディネートのバランスを見て、綺麗めアイテムと混ぜてメリハリをつけると女性らしいゆるっとコーデを楽しむことができます。

サイズが合っていないコーデ

30代2018秋コーデ

プチプラでも、素材が良く素敵な服がGET出来るようになった時代。

だからこそ、プチプラをいかに高見せさせるかが必要です。

大事なのは、素材とサイズ感に見合った着こなし方が出来るかどうか。

ここがクリア出来ないと、一気にチープな印象になってしまいます。

また、安っぽく見えると、だらしない印象になってしまうので要注意!

だらしない=気を遣えない

と言う印象もまた、アラサー女子の痛いに繋がっていきます><

プチプラ服がオシャレに見えるのは、テクニックで着こなしているから。

テクニックを使えているか・いないか、これがオシャレと痛いファッションの境目。

改善コーディネート1:コーデテクニックを使って

大人ファッションは、メリハリが大切。

ただゆるっとするだけじゃなく、締めるところはしっかり締めて、スタイルアップを心がけるのがポイント。

抜け感やこなれ感を意識した着こなしを目指してみて。

このコーディネートの場合は、襟を抜いてさり気なくトレンドをプラスしています。

ショート丈のアウターを着用することで、フロントシルエットにメリハリが生まれます。

改善コーディネート2:メリハリある着こなしに

トップスにオーバーサイズを持ってくるなら、ボトムスはタイトに。

大人のきちんと感あるファッションにはメリハリが重要なポイントになります。

体型カバーでも美脚やスタイルアップを意識すると上手く行くはず!

全身ゆったりさせると体型カバーがカンペキ!って思うかも知れませんが、実はただだらしなく見えるだけになることも。

オーバーサイズ×オーバーサイズで行くなら、フロントインやウエストマークを意識した着こなしでメリハリを出して着こなすのがポイントです。

こちらも参考に♪

おしゃれ女子のコーデテク『抜け感』の種類と作り方・テクニック

どこまでOK?30代アラサー女子のファッション境界線

30代・アラサー女子のファッションボーダーライン

実際のところ境界線って難しいですよね。

この部分が曖昧なので、みんな解決出来ずに迷子になってしまうんだと思います。

気を付けるPOINTは、甘すぎるコーディネートを避けること、極端な露出をしないこと、自分の体型を知ること。

これに尽きます。

大人可愛いがOKでブリブリがNGなのは、ちょっとした加減の差。

こなれ感や抜け感がオシャレで、セクシー系が下品に見えてしまうのは露出の差。

オシャレに見えるのは、体型にあったスタイリングをしているから。

これが顕著に現れ始めるのがアラサーです。

甘いチュールスカートを大人可愛く着こなす方法

30代・アラサー女子のファッションボーダーラインbefore

30代・アラサー女子のファッションの基準 仮 悩みafter

チュールスカートは甘めなボトムスなので、アウターやトップスのデザインを甘く持ってきてしまうと、一気にガーリーに傾いてしまいます。

アウターをMA-1にすることで辛さがMIXされるので、ガーリーな雰囲気が程よく中和されます。

大人可愛いは、今やアラサー女子の代名詞♡

いつまでも可愛くいたい女子の為のジャンルですよね。

コーディネートで見せるには、いくつかのPOINTがあります。

可愛いアイテムは1点に絞ること。

カジュアルなアイテムと合わせること。

辛×甘=8:2〜7:3位がバランス良くまとまります。

甘めアイテム×辛口MA-1の甘辛バランスコーデ術

30代・アラサー女子のファッションボーダーラインbefore

30代・アラサー女子のファッションの基準 仮 悩みafter

柄物は、色合いや柄の大きさで雰囲気が変わるアイテムの一つですが、ベースをブラックにすること、柄の色合いを落ち着いたものにすることで甘さを抑えられます。

ボーイズライクなデザインのアウターを持ってくると、よりバランスも取りやすくなりますよ♡

30代アラサー女性のミニスカートコーデ術

30代・アラサー女子のファッションボーダーラインbefore

30代・アラサー女子のファッションボーダーライン 仮 悩みafter

Gジャンはカジュアルなアイテムですが、ボトムスのデザインで雰囲気が大きく変わってしまうので注意!

ひざ丈でミニスカートを合わせるときは、モノトーンやアースカラーなどでコーディネートを組むと、大人可愛く着られます♡

お肌の露出を抑えるためにタイツを合わせると、短め丈でも甘さを抑えられますよ^^

同じデザインでも世代相応に見せるアイテム選び

30代・アラサー女子のファッションボーダーラインbefore

30代・アラサー女子のファッションボーダーライン 仮 悩みafter

ミニスカートは、ふんわりしてしまうと幼さや若作り感が引き立ってしまうアイテム。

同じレオパード柄でもロング丈のプリーツにすることで、こなれた印象になり大人っぽさがうまれます。

ミニスカートを履きたい時は、シルエットをタイトにして、タイツとショートブーツを合わせることで、大人可愛くなりますよ♡

こなれ感を取り入れる30代アラサー女性のコーデ術

こなれ感は、ナチュラルでいて洗練された雰囲気、大人の余裕を感じさせるように見せるテクニックのこと。

頑張ってます!感を出さないことがPOINTになります♡

フロントINや、落ち感のある素材でつくるゆるっとしたスタイリングで、こなれ感は表現出来ますよ。

30代・アラサー女子のファッションボーダーラインbefore

30代・アラサー女子のファッションボーダーラインafter

定番のシンプルコーデをこなれて見せるには、ボーイフレンドやガールフレンドデニムを合わせるのが◎

トップスを落ち感のあるとろみ素材で合わせると、よりナチュラルでリラックスムードあるこなれ感を出せます♡

スニーカーも、あえてグレーを合わせることで、足元にインパクトを与えずバランス良くまとまります。

30代・アラサー女子のファッションボーダーラインbefore

30代・アラサー女子のファッションボーダーラインafter

正統派の着こなしも、ボトムスをスキニーデニムにする事でこなれ感が生まれます。

通勤スタイルにもなりますし、ONとOFFで使い分けてもOK。

ゆるっとした素材ではなくても出来るこなれスタイルです。

抜け感を取り入れる30代アラサー女性のコーデ術

抜け感は、程よく着崩したり、肌見せをしたり、色合いを調整したりする事で、全体のバランスを軽く見せる着こなし術のこと。

隙を作ることで女性らしさも加わり、親しみやすい柔らかな雰囲気を演出してくれます♡

30代・アラサー女子のファッションボーダーラインbefore

30代・アラサー女子のファッションボーダーラインafter

季節によっては重たく見えてしまうブラックコーディネートですが、インナーの色を明るくするだけで抜け感が出て、同時にすらっと身長も高く見せてくれます。

顔周りの印象も明るく見せてくれますよ♡

素敵に見えるコーディネートでアラサー・30代をもっと楽しもう♡

30代・アラサーは、ネガティブに受け取られがちな言葉ですが、実際は違います‼

大人のオシャレを楽しめるようになる、とっても素敵な年齢。

それまで表現出来なかったものが、アラサーになることで雰囲気を出せたり、着こなすことが出来たり、今まで以上にオシャレの幅が広がっていく年代です。

もちろん、似合わなくなってしまうファッションもありますが、それ以上に得られるものは多いはず☆

今を楽しむ♡

これが何よりも大切で、ファッション迷子から脱出する方法でもあります^^

まとめ

痛いファッションって、意識していれば気が付くのですが、客観的に見てくれないとなかなか気が付かないケースも多々あります。

今回のコーディネートの中には、ついついやってしまいがちな事もあると思います…

自分では気づかないうちに、周りから痛い視線が送られているかもしれません。

今後の洋服選びの参考にしてみてください。

 

この記事を監修した人

Mai
Mai

元某有名アパレルブランド勤務、店長も経験。現在はGirlwish専属ファッションスタイリスト・ディレクター。長年の経験を活かし、その時々の流行や着こなし術をご提案します。記事を通じ、可愛くキレイでありたい世の女性のために。

 

コーディネート術の指南します♡

テクで魅せるアラサー女子の抜け感スタイル♡

✔ いつものスタイリングに困ってる…
✔ マンネリしちゃって…
✔ もっとオシャレに見せたいっ!

Girlwishスタイリストがオシャレのテクニックを教えちゃいます♡ファッションをもっと楽しみたい30代アラサー女性に♡

30代アラサー女性をもっとオシャレにするGirlwish着こなし術

 30代・アラサー女性に人気のプチプラレディースファッション通販サイト

プチプラで買える人気の30代レディースファッション通販ランキング
30代・アラサー女性に人気のプチプラファッション通販サイトランキング。ジャンル別でも紹介しています。安くて質が良く、大人可愛いあなた好みのプチプラ服を見つけてください。